fc2ブログ

現代詩手帖5月号 「ちょうちょごっこ」 秋亜綺羅

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
05 /05 2013
 
2013年5月5日(日)

 ごぶさたしてますは飽きたので、おはようございます。 秋亜綺羅です。
 
イメージ 1
 「現代詩手帖」 5月号に、第22
回丸山豊記念現代詩賞受賞第1作として、 「ちょうちょごっこ」 という詩を載せてもらっています。
 
 わたしはいま62歳。 詩を書きはじめたのが18歳でした。 いつもわたしが想定する読者といえば、いまのわたし自身か、18歳のときのわたし自身かの、どちらかです。
 
 今回の 「ちょうちょごっこ」 では、「わたし」 でなくて、「ぼく」 が1人称です。 「ぼく」 は18歳のわたしです。 で、「きみ」 は、「ぼく」 の恋人という仮定です。
 
 「きみ」 は津波で死んだのか、自殺したのか、病死かもしれないけれど、おそらく死んでいます。 津波を思わせる記述もありますが、津波とか震災である必要はないと思います。 2万人死んだから大事件ではあるけれど、好きなひとが死ぬことや、自分自身が死ぬことより大きい出来事だとは限りません。
 
 「ちょうちょごっこ」 では、恋人が残した泥だらけで、ぼろぼろになったぬいぐるみを、いつも抱っこしているという 「ぼく」 の物語です。 タイトルは 「ちょうちょごっこ」 ですが、「ぼく」 と 「ぬいぐるみ」 は 「ぼろ雑巾ごっこ」 をして遊んでいるのでした。
 
 ふつうに行分け詩で、6ページに及ぶあいかわらず長ったらしい詩ですが、その中に3か所ばかり、散文が含まれています。
 その、散文の部分だけ紹介します。 もし、ぜんぶ読みたい方がいらっしゃれば、本屋さんへ。 ふぅ、長いCMでした。
 
 
 
国語の時間に「幸せってなんだろう」という題で作文をしなさいと先生がおっしゃった。きみがトイレに立つとぼくも追いかける。女子トイレから水が流れる音がかすかに聞こえるとき、ぼくは男子トイレで放尿する。きみのおしっこと、ぼくのおしっこが下水管でいま、いっしょになっているのかと想像すると。なんだろうと、思う
 
 
国語の授業で作文があった。ことばは意味を伝達するからことばなんですよと、先生はおっしゃった。あなたみたいに、わけのわからないことばかり書いても、ことばとはいえないですよ、と。そこでぼくは質問した。先生!「永遠」ということばは、永遠の意味を伝達していますか
 
 
きみの影が椅子から立ち上がるとぼくの影も追いかける。ふたりの影たちはおたがいの影を見つめている。ねえ、そばにいてよ。そばにいてあげるから。影たちは話している。ことばに意味なんてあるだろうか。影と影が重なる場所に、きみとぼくはいない。幸せってなんだろう
 
 
                                                 英語版*本堂とみ訳




 

      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国
 
 
     
 

どくけしイチゴジャムはいずこ?

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
12 /24 2012

イメージ 1


2012年12月24日(月)

 メリー・クリスマス。 きょうは、どくりんごジュースで乾杯だよん。
 このどくりんごジュースはね、宮城県中新田町の 「あゆの里物産館」 で売っているのです。 中新田町のキャッチフレーズは、「宇宙村・中新田」 っていうんだけど。 宇宙だかあゆの里だか、どっちなんだい。

 このジュースを飲んでさ、死にもしなきゃお腹もこわさなかったら、「不当表示」 だよね。 実はこのジュース、だいぶ前から買ってたもので、ね。 写真家の宮内文子にもあげたので、宮内文子は今ごろ白雪姫やってるね、きっと。

 もしお腹をこわして文句言ってもさ、「だから書いてあるでしょ」 ってあしらわれるだけだしィ。

 ほんとはね、どくりんごジュースの横に、どく消しイチゴジャムが売ってたはずだったんですよ。 店じゅう探したんだけど、なかったのです。 そこで店員さんに聞いたら、「どく消しイチゴジャムを作っていたおじさんは死んじゃったのよ」 ということでした。

 え。 どくいりリンゴジュースとどく消しイチゴジャムは、ちがうところで作ってたんだ! え。 それにしてもちがう 「メーカー」 じゃなくて、ちがう 「おじさん」 なの? おじさん単位なの?

 それにしても、なんでどく消しおじさんが死んで、なんでどくいりおじさんが生きているんだよ。 ここは笑っちゃ、いけないところです。

イメージ 2

 で。 ビンのウラをみると、今月が賞味期限だぁ。 年が明ければ、見事、毒は消えてしまうのです! フツーのりんごジュースになっちゃうのです。

 待とう。 来年を待とう! 新年はめでたいぞ。 めでたいぞ。

 ……などとばかり、はしゃいで乾杯をしようと待っていた、高校時代から40年以上もいっしょにモノを書いてきた伊東竜俊丸が倒れてしまいました。 入院先の病院で、このブログを見る力もないほど辛いようです。

 いっしょに 「穴があったら出てみたい」 という雑誌をやったりしていました。 穴があったら入りたい、じゃないですよ。

 伊東竜俊丸とは120%冗談ばかり言いあう親友です。 ちょっとブラックユーモアっぽいけれど、乾杯!
 来年も乾杯しよう。 な。


 


 
      ツイッター! フォローし合いませんか? →秋亜綺羅 



   

  

石川裕人さん、また会おね。

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
10 /14 2012
イメージ 1
 
 
2012年10月14日(日)
 
  ごぶさたしていました。 秋亜綺羅です。
 
 11日、仙台の劇団オクトパスを率いる、石川裕人が急逝しました。
 
  わたしのブログの読者は仙台のひとが少ないのと、演劇関係者もあまり見ていないと思うので、初めて名まえを聞く方が多いかもしれません。
 
 35年前、東京から仙台に戻ってきたわたしは、劇団十月劇場と、劇団 I.Q150を観てショックを受けました。 演劇といったら東京で、ほかは文字通り田舎芝居だろうと思っていたのでした。 十月劇場の主宰が石川裕人でした。 I.Q150の主宰が丹野久美子でした。
 
 劇団オクトパスは、十月劇場が改名されたものです。
 
 とにかく、東京のどんな劇団よりも面白かったです。 とくに野外公演、テント公演はすごかった。 仕掛けも半端じゃなかったです。 役者も人気女優たちに加えて、ジロちゃんとセイちゃんは、日本でいちばんの喜劇を演じました。
 
 仙台のアングラの旗手だった石川裕人も、仙台、宮城県の文化イベントには欠かせない存在になっていました。
 
 わたしのことも詩人として認めてくれていて、お付き合いしてくれました。 わたしは、石川裕人と出会えたことを誇りに思います。
 
 わたしもこのブログで、石川裕人のことを書いたことがあります。
 
 石川はわたしよりちょっと若い。 わたしより若くて、わたしより才能があるひとが亡くなることは、悲しいというより、悔しいです。
 
 上の写真は、大昔、わたしが 「月刊ノック」 というタウン誌をやっていたとき、映像作家で写真家の大平伸一が、撮影したものです。 いちばん右が、石川裕人です。
 
 きょうは秋晴れです。 これから、裕人さんの通夜に行かなければなりません。 裕人さんに喪服で会いに行くのは、ちょっと恥ずかしい思いです。
 
 
 
 
 
    
「季刊ココア共和国第10号」 のおしらせ
      ツイッター! フォローし合いませんか?秋亜綺羅
 
 
 

2日間かわいい高校生たちと一緒でしたよ。

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
07 /26 2012
 
第2回YS賞授賞式での恋藤葵(宮城県石巻北高)の朗読
 
 
2012年7月26日(木)
 
 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 昨日と一昨日、仙台市青年文化センターで、宮城県全部の高校演劇部員たちが集まって、「高校演劇総合研修会」 が開かれました。
 
 わたしも講師として呼ばれていて、2日間、30人ばかりのかわいい生徒たちと、朝から夕方までずっと一緒でした。 わたしの講座は 「朗読術講座」 というタイトルで、生徒全員にそれぞれ、自分自身で書いた日記や、詩や、物語や、ラブレターなどを朗読してもらうのです。 ひとり終わるたびにその内容に関して、みんなで討議します。
 
 殺人や泥棒はなぜいけないのだろうか。 とか、リストカットとか、いじめとか。 本気で考えます。 ばか(?)な大人みたいに、「ダメ、ぜったい」 なんていう単純な子どもはいません。 もちろん好きな音楽とか、嫌いな異性のタイプとか、愛するペットやぬいぐるみの話も出てきました。
 
 わたしが役者志望の生徒たちに、自分の書いたものを、なぜ、朗読してもらうのかというと、こういうことです。
 
 絵は絵具を道具とします。 音楽は楽器を道具として演奏します。 詩は言葉を道具として書かれます。 だけど! 演劇の役者は、劇作家や演出家の道具じゃないんだぞ! ということです。 役者は生きている人間であって、道具じゃない。 演劇を作るのは、役者だということです。 役者(生きている人間)が新しい日常原則を試みることが、演劇なんだよ。 ということです。
 
 だけど。 他人が書いた台本や、他人による演出が、きょう自分が精いっぱい表現した以上の満足を得ることができるとしたら、それがほんとうの演劇との出会いとなるでしょう。 他人の作った物語を、他人の振付けで、他人になりきることで、いちばん自分を表現できるとすれば。 それが演劇というものじゃないかな。 と。
 
 
 上の、YouTube の動画は、ことし宮城県詩人会主催のYS賞を受賞した恋藤葵の朗読です。 恋藤葵も一昨年、わたしの講座の受講生でした。 わたしの授業のときは、iPod で音楽を流し、ケータイにしまってある自分の詩を読みました。 この動画は受賞後すぐのもので、緊張しているところが、かわいいです。
 
 実は恋藤葵はまだ3年生で、昨日も別の先生の講座を受けに来ていたので、昼休み、会場のレストランでデートしました。 いいだろ。
 
 高校生は、こんなにも豊かな表現をするのだ。 というところを見てほしいです。
 
 
 
 
 
「季刊ココア共和国第10号」 のおしらせ
      ツイッター! フォローし合いませんか?秋亜綺羅
 
   
 
 

おしゃべりを解放しようよ。

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
06 /25 2012
2012年6月25日(月)
 
 おひさしぶりです。 秋亜綺羅です。
 というより、復活しました。 というべき、長い沈黙でしたよん。
 いろいろと原稿が溜まっていて、いま、ちょっとひと息です。
 
 なんか 「朝日新聞デジタル」 を読んでいたら、福島出身の参議院議員が、地元での報告会で 「水俣湾の刺し身ですと言われたら、相模湾と言われるよりはドキッと来る。 それが人間の心情」 と、言ったとか。 そのことを朝日の記者がインタビューしたら、謝罪したとか。
 
 それって、なにが問題なの? 嘘言っていないよ、ね。 福島だって、そうなっちゃったんだよ。 と、訴えているだけでしょ。 水俣にも、福島にも同情しているだけだよ、ね。 東京電力は、そんなとんでもないことを、しでかしちゃったんだ、と。
 
 朝日新聞さんは、なにを言いたいの? ひとの不幸は口にするな。 ってこと? こんなことも言えなかったら、政治家やってらんねえよ、な。 「水俣の海は安全です。 国民は無知なだけです」 くらい、書いてもいいんじゃないかな、朝日さん。
 
 無知といえば、原発再稼働に反対してデモしたり、署名したりしているひとたちの、過半数は、再稼働が危険だと思っていますよ、ね。 無知です、ね。 停止したままでも、危険はいっしょですよ。 実際、福島原発4号機は、停止中でした。 その4号機がいま、いちばん危ないんです。
 
 わたしだって、なんにつけても、無知だらけです。 その無知の力こそが、世の中を動かすことができるから、面白いんでしょ。
 
 デモをしているひとたちに、「原発が核分裂から、核融合になっても反対ですか?」 と質問しても、なんのことかわからない。 再稼働を阻止したからといって、危険はなにも変わらないことを知らない。 だけどこの力が、原発のない世界へと動かすのです。
 
 とにかく、言っちゃいけないことがある世の中はつまらない。
 
 わたしも、チェルノブイリの小麦はいやだし。
 それどころか、このトースター、チェルノブイリ製だよ。 ダイジョブかな? といった冗談が平気でしゃべりあえれば、いまのチェルノブイリや、福島のことがお茶を飲みながら語られるようになるでしょ。 朝日新聞さんのように、「しゃべっちゃダメ!」 みたいになると、福島も、水俣も、地下の奥深くに葬られてしまうことでしょう。
 使用済み核燃料じゃ、ないんだから。
 
 
 
 
「季刊ココア共和国第9号」 のおしらせ
      ツイッター! フォローし合いませんか?秋亜綺羅
 
 
 
    

9.11+3.11=12.22

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
03 /14 2012
2012年3月14日(水)
 
 いつものようですが、お久しぶりです。
 
 ちょっと詩集をまとめたりしていて、ここ1カ月ほど外に出られていません。
 ウィークエンドは、演劇や音楽など、たくさんのお誘いがあるのだけれど、
 他人のことなどかまっちゃいられません。
 詩人が詩集を編むのは、なん年かに一度が精いっぱい。
 演劇を一本仕上げるよりも体力と精力が要ります。
 
 伊藤文恵が新作の舞踏を、3月17日(土)17時より、仙台メディアテークで発表します。 わたしが 「観に行けないよん」 と冷たく言ったら、わたしの事務所に来て踊ってくれました。 観客はわたし、ひとり。 贅沢な奴ですな。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 ふーむ。 舞踏というより、わたしの提唱する 「カクテル・ポエム」 そのものですね。 伊藤文恵自作の詩も、発せられます。 美術というか、何枚もの絵が、目のまえで重ねられていく感じ、かな。
 お近くの方、17日(土)、ぜひ観てやってください。
 
 ところで事務所にこもっていると、土曜の午後などに、若い詩人たちが遊びに来たりします。 先日もなん人かの高校生たちが、勝手におしゃべりしていきました。
 
 ことしの12月22日、世界の終わりって知ってる?
 マヤ暦でしょ?
 01年9月11日と、11年3月11日を足すと、12年12月22日!
 ええ?!!
 ほんとだ。 世界の終わりって、やっぱ、ほんとなんだ!!
 
 そこで、わたし。
 その日ってさ、13日の金曜日、仏滅だよね?
 
 全員、
 ええ! マジ~?!
 
 マジなわけないだろ。
 なんで、22日が13日なんだよ!!
 
 めでたし、めでたし。 
 おしまい。
 
 
 
 
 
「季刊ココア共和国第9号」 のおしらせ
      ツイッター! フォローし合いませんか?秋亜綺羅
 
 
 
     

温度計が故障かも。 って、なんなんだよ。

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
02 /13 2012
2012年2月13日(月)
 
 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 
 「季刊ココア共和国」 Vol.9 の 「編集前記」 を書き終えたところです。 あとは柏木美奈子がイラストと表紙を仕上げて、印刷へ回すばかり。 わたしはサッサと事務所から帰ってきたので柏木美奈子、ひとりであせっているかもね。 かわいそ。
 「季刊ココア共和国」 はアマゾンで、3月1日、発売予定です。 
 
 ところで缶ビールを飲みながら、TVのニュースを見ていたら、原発の80度を示す温度計は故障かもしれない。 などと言っています。 東京電力さんがですよ。
 
 「故障なんじゃねえの?」 というのは、缶ビール片手にTVを見ているオジンが言うことばですよ、ね。
 
 故障の機器の数値を平気で発表して、世間を騒がせていた、となれば、責任問題ですよ。 温度計すらダメな東電さんに、なにを信頼して任せられるのでしょう。
 
 しかも、故障と断定することもできない。 ということは、80度を示す温度計だけが正しくて、低温を示すほかのすべての温度計が故障している確率もゼロじゃない、ということです、よね。
 
 そんなことは考えられない、と東電さんは言うのでしょう。 そう言って、ゼロでない確率を見逃してきたから、今回の原発事故は起きたのでしょう?
 
 そういえば、汚染水が漏水していたときの、東電さんの処置を思い出しちゃいました。 新聞紙やおがくずを詰めたり、入浴剤を注入したりしていましたよね。 生コンクリートを流し込んだりしたけど、途中で固まるわけないですよね。
 なんでクラシアンを呼ばないんだ! って、みんなで言っていましたよ。
 
 その程度の物差しのひとたちに、電気料金の値上げを通告されても、ね。
 「料金値上げは電力会社の権利だ」 とか、言いたい放題ですな。 
 ビール飲み終わったあとの空き缶を、投げつける場所を捜しとかないと。…
 
 
 
 
 
 
      ツイッター! フォローし合いませんか?秋亜綺羅


    
    

借金してくれなんて、だれも頼んでいないよね。

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
01 /25 2012
2012年1月25日(水)
 
 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 
 ニュースなどで、あたりまえのように報道されることがらで、どうしても理解できないことが、いくつかあります。
 
 そのひとつ…。 多くの国は民主主義国家とみずから称して、選挙で政治家を決めていますよね。 選挙の制度というのは基本的には、自分の代わりに、代表としてアンタに任せたよ。 よろしくね。 というわけです。 要するに、みんなで出しあった税金の使いみちを、自分よりすこしは優れていそうなアンタたちが決めなさい。 というわけです。 集まったお金の使い方を考えてくれりゃぁ、いいんです。
 ところで、世界のほとんどの国家が、国債という名で借金をしていますよね。 だれか、借金してくれなんて頼みましたか? 借金してくれよ~、なんていって投票したひとは、 何十億という世界の人口のうち、なん人いるでしょうね。 国の数より少ないかも、ね。
 主権者が頼みもしないことを勝手にしちゃ、ダメダメ。 と思うんだけれど。…
 
 もうひとつ…。 日本の政党には 「党議拘束」 というものがあります。 国会での議決の際、党が決めたとおりに投票しなさい。 というものです。 議員の個人意思は通らないのです。 明らかな憲法違反ですね。 国民が選んだ、国民が任せた、国民の代表の議員ですよ。 こんなものがまかり通るなら、選挙のための莫大な費用は、まったくのムダですよ、ね。
 企業同士の談合なんかより10000倍、悪質な談合だと思いませんか?
 
 最後に…。 いま、世界じゅうで失業率の大きさが問題になっていますよ、ね。 とくにいわゆる先進国が、軒並み10%近くになっています。 それで、不景気だ不景気だと騒ぐけれど、モノが足りないわけじゃない。
 どうして、国家公務員の労働時間を1時間減らします。 という大統領や首相はいないのでしょう? 不思議です。 公務員の労働時間が減れば当然、民間企業も合わせてきます。 公務員の労働時間が減れば、仕事がはみ出て、その分が民間に流れます。 失業率はゼロに近づいていきます
 賃金を下げたって、景気がよくなるわけじゃない。 賃金はそのままで、労働時間を短くしたら景気は回復すると思います。 
 ムリして仕事を作って失業率を下げろ。 なんていう、世界じゅうの指導者たちの政策って、へん! 要らない仕事をけんめいに作って、それでいて、温暖化を止めろなんて、ばか! 
 生活保護など、失業者の生活費は、労働者の稼ぎで賄っているのが現実でしょう? 失業者のぶんまで頑張らなくていいから、そのぶんだけ労働時間を減らして、失業者に働いてもらったら、いいじゃん?
 
 
 ──というわけで、わたしの 「つぶやき」 は、またまた長かったですね。~
 
 では、「季刊ココア共和国」 Vol.8 のわたしの詩 「原子力」 から、その一部を…。
 
 
 
   津波にだいじなひとや家を流されて
   それでも、海を憎んでいるひとに会ったことがない
   海とひととその物語は、千年に一度の震災ですら例外ではなく
   海とひととその物語は、いとおしく、せつない
 
   ひとは俳優でしかないのだろうか
   地球は劇場でしかないのだろうか
 
   劇場のなかの俳優には
   シーベルトなんて、ベクレルなんてさわれない
   セシウムにも、ストロンチウムにも毒を感じない
 
   だが、コンピュータですらできる政治
   だが、コンピュータでしかあやつれない原子力
 
   政治にも原子力にも
   いとおしさと、せつなさが
   これっぽちでもあっただろうか
 
 
 
 
 
 
      ツイッター! フォローし合いませんか?秋亜綺羅


    
   

高校2年生の詩人・恋藤葵が朗読しますよ。

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
10 /29 2011
2011年10月29日(土)
 
 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 
 あす30日(日)午後2時より、宮城県栗原市立図書館で詩の朗読会があります。 「季刊ココア共和国」 に詩を書いている恋藤葵も朗読します。 近くの方、ぜひお出かけください。 入場料(資料代) 500円だそうです。
 
 恋藤葵が読む予定の詩は、「16歳」。
 
イメージ 1
 
 
    
     16歳                         恋藤 葵
 
   世間のいい子が嫌う言葉しか吐いた事ない
  私は本音を禁じられる訳だけど、そうされると、
  また吐いちゃうよ。
   言いたい事は心の中に押し込め。 自由権ほ
  ど、おかしなものはない。
   虫カゴの中のカブトムシに 「あなたは自由で
  すよ。 虫カゴの中では。」 って言ってあげたら、
  カブトムシは何て言い返すかな。
   もういいから。 許してくれないなら頭の中か
  ら自由だけ削ぎ取ってよ。
   生まれるのが自由じゃなければ、死ぬのも
  自由じゃない。
   子どもは大人の言いなりにならなきゃならな
  い。 大人は社会の言いなりにならなきゃなら
  ない。 背く奴には、さらなる自由を。 空を飛ぶ
  ことが自由だなんて。 そう思う君には蟻が通
  れる隙間ほどの余裕もない。 そうだろ。 自由
  より河童の存在の方がよっぽど信じられる。
   そんなことを考えて生きている私は16歳。
 
 
 「背く奴には、さらなる自由を。」 いいですね。
 
 えっと。 先日の青森でのわたしの朗読と、伊藤文恵の舞踏が、YouTube にUPされたようです。
 ちょっと退屈な感じもしますが、時間のある方はご覧ください。
 
 
 音楽と演出がついたのがお好みの方は、こちらをどうぞ。 騒がしいだけで、よけい嫌われるかもしれないけれど。
 
 
 
      ツイッター! フォローし合いませんか? →秋亜綺羅   

 
    
 
 
 
 

日本のおいしいおコメが食べられなくなっても、我慢しよね。

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
10 /26 2011
2011年10月26日(水)
 
 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 しばらく詩の話題ばかりでしたが、ニュースなどから、ちょっと思ったこと。
 
 TPP反対! とか、いや参加しないと日本の産業はダメになるぞ。 とか。
 国どうしの貿易で、関税をフリーにしようというものらしいけれど。…
 
 わたしなんか、50年もまえに小学校の社会科で 「これからは自由貿易の時代だよん」 と教えられていたし…。 え? まだだったの? くらいに無知で~す。
 
 だけど、TPP参加に反対しているのが農業や畜産業だというのは、
 無知なわたしには、とても不思議なことですですお。
 
 関税がなくなっちゃったら、いちばん心配なことは日本のおいしいおコメや、霜降りのブランド牛なんか、ぜ~んぶ外国のお金持ちに買われちゃって、日本では手に入らなくなるんじゃないだろか。 って、ことですよ、ね?
 ちがうかな?
 
 南アフリカの喜望峰にまで、まわる寿司やさんがあるというのに…。 うちのコメは日本のコシヒカリだぜ、イエーイ。 とか言って、売り切れちゃいそう。 ステーキの肉だって、日本の霜降りは、ぜったい売れますぜ。
 なにがちがうのかな?
 
 醤油だって、味噌だって、世界じゅうの家庭にありますよ、ね。 キッコーマンを使うのが、世界の金持ちのステータスというものらしいし。
 海外住まいの日本人だって、日本のコメやお肉を買いたいですよね、すこしくらい高くったって。
 
 どして世界でいちばんおいしい日本のおコメは、海外に売れないんだろう。 国内で余ったからといって、減反しろ。 とかいってプライドを捨てるどころか、コメを邪魔者扱いしてきたからかもしれないですね。
 関税をなくして、世界に売りまくるべきでした。
 とすれば、犯罪者はやっぱり、減反政策を遂行したひとたちだということですね。
 
 「TPP参加にあえて賛成しましょう。  たとえ、日本から日本のコメが消えちゃうくらい、海外に売れちゃったとしても、我慢しましょう。 農家のためです。 日本のコメは、世界に誇れるコメだからです」
 と叫びたいところですよ、ね。
 
 
 
 

      ツイッター! フォローし合いませんか? →秋亜綺羅   

 
 
 
   

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅