fc2ブログ

お祭りTOSHI の写真と秋亜綺羅の詩/ひとは噓をつけない

写真と詩
08 /29 2013
イメージ 1


 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 久しぶりに詩画をつくってみました。
 写真家・お祭りTOSHI のコラボです。

 いままでは絵や写真に、詩をつけることが多かったのだけれど、今回は逆で、詩をまずつくり、それを読んでもらってから写真家に写真を撮ってもらっています。

 右下のQRコードをスマホなどで読み取ると、藤川みちるが詩をうたってくれます。
壮大なスケールの写真を見ながら、自分の詩を聴きます。 そんな自己満足の時間をしばらく、過ごせそうです。

 宮城県詩人会詩祭の詩画展の一部として、9月1日~16日、仙台文学館に展示される予定です。

 パソコンなどで、歌を聴きたい方は、こちら

 
  写真 お祭りTOSHI
  詩 秋亜綺羅
  作曲・歌 藤川みちる
  録音 伊達泳時
  編集 柏木美奈子






「ひとは噓をつけない」  
                      秋亜綺羅
 
  
オモテは裏にとってみれば
裏なのかな
 
ぼくの影にとってみれば
ぼくは影なのかな
 
行方不明になれる権利とか
死ぬのが惜しいとおもう夜とか
もうひとりのぼくと喋れる糸電話とか
ぼくが欲しいものはたくさんある
 
ぼくを一本持って
鉛筆は詩を書いている
 
ことばは反則も場外乱闘もできない
「反則」も「乱闘」も辞典の中にあるんだ
 
籠の中から青い鳥を放してあげようか
青い鳥は黒い青空を舞ったあと
巨大な鳥に食べられるだろう
 
食べられながら自由を感じるんだ
自由は巨大な鳥を食べるんだよ
 
真実があるから
噓があるんだよね
 
ひとは噓をつけない
だって真実なんて
辞典の中にしかないのだから








      ツイッター! フォローし合いませんか? →ココア共和国 







宮内文子の写真と秋亜綺羅の詩/1+1 は!

写真と詩
08 /28 2013
イメージ 1


 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 久しぶりに詩画をつくってみました。
 写真家・宮内文子とのコラボです。

 いままでは絵や写真に、詩をつけることが多かったのだけれど、今回は逆で、詩をまずつくり、それを読んでもらってから写真家に写真を撮ってもらっています。

 右上のQRコードをスマホなどで読み取ると、藤川みちるが詩をうたってくれます。
感涙しそうな素敵な写真を見ながら、自分の詩を聴きます。 そんな自己満足の時間をしばらく、過ごせそうです。

 宮城県詩人会詩祭の詩画展の一部として、9月1日~16日、仙台文学館に展示される予定です。

 パソコンなどで、歌を聴きたい方は、こちら
 

  写真 宮内文子
  詩 秋亜綺羅
  作曲・歌 藤川みちる
  録音 伊達泳時
  編集 柏木美奈子







「1+1 は!」
                     秋亜綺羅
 
 
空気が踊ると風を感じるよね
空気が眠れば気配を感じる
気配はもうひとりのぼくだとおもう
一緒に歌って笑ってた、きみのこと
 
涙がとまらなければ
金魚と友だちになろうよ
金魚は悲しくても
涙を流すことができない

ガラスの部屋でうずくまるきみは
壊れたこころを癒し終わって
ガラスを壊すときが来るだろう
だいじょうぶ、こわいけれど
ぼくはいつも一緒だから

ひらめきと、ときめきさえあれば
生きていけるさ
 
だけどあるときは、ぜんぶ裸になって
あるときは派手なコスプレをして
みんなの前に現われる
そんな勇気がいるのかもしれないね
 
これからぼくたちが向かうだろう
水平線だって波立っている
この場所と時間だけがいまのぼくたち
ふたりで写真を撮ろうか







      ツイッター! フォローし合いませんか? →ココア共和国 




猫うつしのキッス      写真と詩※宮内文子+秋亜綺羅

写真と詩
07 /17 2012

 
ミルフィーの回復をお祈りして、
宮内文子とのコラボを再掲させていただきます。
 
ミルフィーというのは、この写真のモデルの
宮内家の家族の一員のネコさんです。
宮内文子が最近出した写真集にも登場しています。
 
わたしはミルフィーと会ったことはないのだけど、
23歳だとか、聞きました。
 
この写真だけを見て、詩を書かせてもらいました。
ミルフィーが書かせてくれた、詩です。
 
ミルフィーはいま、水を飲むのがやっと。…
だけど、あまり苦しんでいる様子じゃないので、
いささかなぐさめです。
 
2012.07.17
 
 
 
 
 これは現寸にするとA3版です。
 写真と詩を、それぞれに紹介したほうがブログでは賢明なのでしょうが、 
 できたら、写真と詩との距離、空間を感じてもらえたらと思い、
 パソコンのデータのまま、貼付しました。
 訪問された方には失礼な話ですが、
 拡大して見てみてください。
 
  1枚の写真と1篇の詩に意味としての関連性はありませんが、
 ふたつが感じあっていることが、
 ひらめき合っていることが、
 それが、宮内とわたしのときめきになっていることが
 ちょっとでも現れてくれたらいいな。 と思っています。
 
 写真のネコさんの背中はもちろん猫背だけど、ははは。
 宮内文子にかかると、ネコさんの背中は、物語を語り始めます。
 このネコさん、にやりと笑っています、ね。
 そう、だれもいなくなると、部屋のなかの
 赤い金魚さんが棲む金魚鉢と、
 小鳥さんのいる鳥かごを訪問しては、
 世の中の情報を交換していますぜ。…
 
 ところで、たいていの詩には、タイトルがありますよね。
 どうしてだろう。 なぜタイトルなんか必要なんだろうと、いつも思っています。
 だからタイトルをつけるとき、ちょっと気恥ずかしさを感じていました。
 
 で。 この詩はタイトルまでも、詩全体の仕掛けのひとつにしてしまおう
 と思ったわけです。
 
 ネコさんって、金魚さんにも小鳥さんにも興味を示しますよね。
 それって、ふたりのデートのお手伝いをしていたのでした。
 
 2011.06.05
 
 
 
 
     

猫うつしのキッス        写真と詩※宮内文子+秋亜綺羅

写真と詩
06 /05 2011
 
イメージ 1
 
 
 ごぶさたしていました。 秋亜綺羅です。
 写真家の宮内文子と紙上コラボを試みています。
 その第3弾です。
 
 これは現寸にするとA3版です。
 写真と詩を、それぞれに紹介したほうがブログでは賢明なのでしょうが、 
 できたら、写真と詩との距離、空間を感じてもらえたらと思い、
 パソコンのデータのまま、貼付しました。
 訪問された方には失礼な話ですが、
 拡大して見てみてください。
 
 1枚の写真と1篇の詩に意味としての関連性はありませんが、
 ふたつが感じあっていることが、
 ひらめき合っていることが、
 それが、宮内とわたしのときめきになっていることが
 ちょっとでも現れてくれたらいいな。 と思っています。
 
 写真のネコさんの背中はもちろん猫背だけど、ははは。
 宮内文子にかかると、ネコさんの背中は、物語を語り始めます。
 このネコさん、にやりと笑っています、ね。
 そう、だれもいなくなると、部屋のなかの
 赤い金魚さんが棲む金魚鉢と、
 小鳥さんのいる鳥かごを訪問しては、
 世の中の情報を交換していますぜ。…
 
 ところで、たいていの詩には、タイトルがありますよね。
 どうしてだろう。 なぜタイトルなんか必要なんだろうと、いつも思っています。
 だからタイトルをつけるとき、ちょっと気恥ずかしさを感じていました。
 
 で。 この詩はタイトルまでも、詩全体の仕掛けのひとつにしてしまおう
 と思ったわけです。
 
 ネコさんって、金魚さんにも小鳥さんにも興味を示しますよね。
 それって、ふたりのデートのお手伝いをしていたのでした。
  
 2011.06.05
 
 
 
 
   ツイッター! フォローし合いませんか? →秋亜綺羅 
季刊ココア共和国第6号」 のおしらせ 
 
 
   
    

手に負えない奴        写真と詩※宮内文子+秋亜綺羅

写真と詩
05 /20 2011
イメージ 1
 
 
 
 
 こんにちは。秋亜綺羅です。
 写真家の宮内文子と紙上コラボを試みています。
 その第2弾です。
 
 これは現寸にするとA3版です。
 写真と詩を、それぞれに紹介したほうがブログでは賢明なのでしょうが、 
 できたら、写真と詩との距離、空間を感じてもらえたらと思い、
 パソコンのデータのまま、貼付しました。
 訪問された方には失礼な話ですが、
 拡大して見てみてください。
 
 1枚の写真と1篇の詩に意味としての関連性はありませんが、
 ふたつが感じあっていることが、
 ひらめき合っていることが、
 それが、宮内とわたしのときめきになっていることが
 ちょっとでも現れてくれたらいいな。 と思っています。
 
 写真の風景は、とても普通の瞬間なのかもしれません。
 電車の窓からシャッターを切った感じがします。
 風や光や匂い。 これと同じ風景はもう2度とやっては来ません。
 わたしは一瞬、河川敷でしゃがみこむ少女になっています。
 恋人とケンカをして、家出みたいな気分で、
 アパートを飛び出して来たのでした。
 少女に語りかけているのは、風かもしれません。
 風も、逃げた鳥も、2度と同じ場所に戻ることはないでしょう。
 だけど少女はたぶん。 たぶん、一瞬笑って、
 自分の場所に戻って行くことでしょう。
 そう、一瞬です。 
 電車の窓に映るその物語も、一瞬にして去っていくのでした。
  
 2011.05.20
 
 
 
   ツイッター! フォローし合いませんか? →秋亜綺羅 
季刊ココア共和国第6号」 のおしらせ 
 
 
   
 

百年生きたらわかるだろう     写真と詩※宮内文子+秋亜綺羅

写真と詩
03 /08 2011
イメージ 1
 
 
 
 
 
 こんにちは。秋亜綺羅です。
 写真家の宮内文子と紙上コラボを試みています。
 その第1弾です。
 
 これは現寸にするとA3版です。
 写真と詩を、それぞれに紹介したほうがブログでは賢明なのでしょうが、 
 できたら、写真と詩との距離、空間を感じてもらえたらと思い、
 パソコンのデータのまま、貼付しました。
 訪問された方には失礼な話ですが、
 拡大して見てみてください。
 
 1枚の写真と1篇の詩に意味としての関連性はありませんが、
 ふたつが感じあっていることが、
 ひらめき合っていることが、
 それが、宮内とわたしのときめきになっていることが
 一瞬でも現れてくれたらいいな。と思っています。
 
 写真の女性は宮内文子の娘・kayoさん。
 キッチンのようすでしょうか。
 ここに流れる時間と、わたしの詩に流れる時間はきっと同じです。
 1時間も百年も、確実に、そして偶然に流れていきます。
 詩に出てくる猫も、おじいさんも、ここにはいません。
 詩に出てくる 「ほんものの地球」 は、この写真にあります。
 それは、キッチンの冷蔵庫のなかかもしれないし、
 kayoさんの頭脳のなかかもしれません。
 
 
 2011.03.08
 
 
 
    
 
 

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅