fc2ブログ

丸山豊記念現代詩賞贈呈式の新聞記事から

詩集/透明海岸から鳥の島まで
05 /19 2013
こんにちは。 秋亜綺羅です。
日曜の午後です。
 
先週の土曜日 (2013.05.11) にあった、丸山豊記念現代詩賞贈呈式の翌日の新聞記事のスクラップを
久留米市から送ってもらいました。
 
記者によって取り上げる部分が違うのが面白かったので、紹介します。
著作権にかかるかな? スクラップだから、いいよね。
 
 
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 歳のくせに、久留米でいささか暴れたので、いままで休んでいました。 お世話になった方々へのお礼状すらまだで、ちょっと焦っているところです。
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 3









      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国

 
 
      
 
 

丸山豊記念現代詩賞贈呈式で朗読しました。

詩集/透明海岸から鳥の島まで
05 /13 2013
 
2013.05.11(土) 福岡県久留米市 石橋文化会館
ギター・橋口武史
舞踏・伊藤文恵
詩・秋亜綺羅 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
九十九行の嘘と一行の真実
                        秋亜綺羅
 
 
九十九行の心電図に異常はない
九十九行の嘘と一行の真実という名の詩は、ラブレターである
たぶん
 
毎日長いキスをして、唾液と唾液が絡まって、相手の血液に自分の唾液が入り込む。
そんなことを繰り返していると、いつかふたりは、同じ日に死ねるんじゃないか、って思ったりする。
 
目を閉じると暗闇が出来るでしょ
その暗闇のなかで
目のなかの目を閉じるんです
 
ほら
暗闇のなかに
暗闇が見えるでしょ
 
暗闇って
かたちがあって
わりと明るい場所だよね
 
レモンスカッシュに溺れている紋黄蝶や
グラスには上半分の夕日と下半分の赤ワイン
金魚鉢のなかの水平線は波立っている
 
透明海岸の海では
水溶性の映画が上映されていて
遠近法が使用されることもなく
一行の真実はここにはなく
光る稲妻のようにやまびこが走っている
走っていない
 
やまびこというのは
新幹線ができる前からある盛岡ゆきの特急電車の名まえですよ
 
去ってゆく君の五月の七度めの休日日没(おわり)みちのくへの帰(岐)路
傷選ばず乗せては帰るやまびこの旅始まれば音沙汰未遂
旅がらす漂い着きし鳥の島立つ鳥あとをとりつく島なく
もはや逢えず一枚二枚アパートにて想い着物は三枚四枚
禁じられし淋し白地図住所録伝言板大学ノート
きのうまで船乗りだった君いま逝き棚の海図を風の音(落と)して
たどり着く島さえあらずと無線打つ一本の風のたよりなき糸
呪うこと想い出すこと笑うこと腕立て伏せをきょうは九回
 
狼が来た
嘘だよ
 
 
 
 
 


イメージ 1







      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国

 
 
 
 

第22回丸山豊記念現代詩賞を秋亜綺羅 『透明海岸から鳥の島まで』(思潮社) がいただけるそうです。

詩集/透明海岸から鳥の島まで
03 /29 2013
──わたしは詩人の・・・・・です。
──詩人の、って。 あの、詩? ですか?
──はい。 いちおう、・・・・・賞ももらっていますし…。
──へえー。 詩人でも賞を取るとうれしいんですね。
   学者もノーベル賞だとかといってはしゃいでいるし、ね。
   詩人くらいには、そんなものいらないって言ってほしいですねぇ。
──……
 
 と。 どうしてか、秋亜綺羅詩集 『透明海岸から鳥の島まで』(思潮社・2012.08) が、第22回丸山豊記念現代詩賞をいただけるそうです。
 学者とか文学人にとって、ひとつのことを研究・追究することと、賞をもらうことでは、確かに次元を別にして考える必要があると思います。 さっきまで出来なかったことに挑戦することの目的は、他人(ひと)に誉めてもらうためではないでしょう。
 
 賞をもらうということはいささか気恥ずかしいけれど、やっぱりうれしいかな。 とくにこの丸山豊記念現代詩賞は、福岡県の一都市である久留米市が、全国の詩集を対象に選ぶという、壮大なスケールをもった市民の、文化を大切に考える心がこもったものです。 しかも応募制の詩人賞が多いなかで、丸山豊記念現代詩賞は応募制ではありません。 応募してまで賞が欲しいのかよと、自問自答する詩人は多いと思うのです。
応募となれば、自らほかの詩人たちと競争しますという宣言を意味します。 そんなことをさせない、久留米市の配慮も感じられます。 それらの意味で、わたしは最高の賞をいただいたと思っています。 最高の誇りを感じています。
 
 
 
 
第22回丸山豊記念現代詩賞受賞のことば(記者発表全文)
                                        秋亜綺羅
 
 畏敬する丸山豊先生のお名まえの賞をいただくことになりました。 わたしは六十二歳になったいまでも、ことばの海をうまく泳ぐことができず、溺れそうになりながら、もがき続けています。 そんなわたしにこのような名誉が、突然舞い降りてきたのでした。 藁をもつかみたい溺れる者に、重い、重い名誉がのしかかってきたのであります。
 丸山豊先生の詩に 「詩人」 というタイトルの短い散文詩があります。 「詩人は 画家 僧侶 駅長 キャベツ 幼児 水夫ではない。 寺院のような揺りかごのような住所をもたない。 詩人はほとんど言葉を持たない。 そしてたぶん 画家 僧侶 駅長 キャベツ 幼児 水夫である。 走ってゆく光をおそれるように ただひとつの言葉をおそれ その言葉によって生き その言葉のために一歩前へすすむ。」 (詩集 『水上歩』)  というものです。
 たとえば今回受賞したわたしの詩集の中の 「猫うつしのキッス」 などは、明らかにこの詩の影響を受けています。 なぜ 「キャベツ」 なのか。 「水夫ではない」 がどうして 「水夫である」 と等しいのか。 この一見ナンセンスに見せる逆説の方法を乗り越えようと試みるわけだけれども、壁にぶつかってしまうのです。
それは 「丸山豊」 という名の巨大な壁なのだろうと思います。 新しくないものは古くもなれないというけれど、丸山豊先生の詩は残念ながらまだ新鮮で、現代詩にとってまだ誰も乗り越えていない壁なのだと考えます。
さて、わたしの受賞詩集の中に 「津波」 という詩があります。 大震災直後 「進入禁止」 の立看板を無視して、一面が水田だったはずの場所に二日間しゃがみ込んでいました。そこには、流されてきた屋根、自動車、大木、船たちが共存していました。 どんな現代美術だって不可能だろう、そんなスケールのドローイングでした。悪いけれど、感動するしかありませんでした。
新聞記者ならば現場に行って取材メモをとるのが仕事であるように、わたしは詩人として取材し、詩を書くつもりでいました。 だけどその二日間、ことばはひとかけらすら浮かぶことはありませんでした。 ただただ意味もなく、涙は止まらないのでした。悔しいだとか、悲しいだとかじゃないのです。
 「たとえばひとりの幼女が交通事故に遭って、倒れたまま自分の血で 『おかあさん』 と、アスファルトの上に書いたとする。 その五文字より衝撃がないものを、詩とはいえないでしょ」 などと、それまでわたしは粋がって話していました。 だけど被災の地には 「おかあさん」 の五文字がいたるところ、どちらを見回しても、現実として存在したのでした。 現実の 「おかあさん」 は強烈でした。
家に戻ってからも二か月ほど、詩を書くことはできませんでした。 その間、信じられないほど悲惨な事実を、多く耳にしたりしました。 わたしはもう詩を書くことなどないんじゃないか、と思ったりしました。
だけどある日、ぽつりと、ことばが出てきたのです。 あの二日間を、わたしの脳がことばにし始めたのです。 詩をつくり始めたのです。 わたしの脳には、まだ流されずに残っていたことばがあったのです。
それは寒くて真っ暗い夜、数日ぶりに電気がついた瞬間。 水がなく即席ラーメンすらそのままかじっていた食事どき、蛇口から二週間ぶりに水が落ちてきた瞬間。 一か月ぶりに都市ガスが来て、風呂に入れるぞと叫んだ瞬間。 それらと同じくらいに、それはうれしい瞬間でした。
わたしは 「津波」 を一気に書きました。 この詩は長ったらしく、一人称(わたし)が次々と変わるので、学校の国語の授業的には、駄作の見本となることでしょう、たぶん。
一人称(わたし)が、恋人を見失った青年だったり、一匹の金魚だったり、がれきだったり、ままごとをする子どもだったりと、勝手気ままに変化していくのです。 だけどわたしは、これでいいんだと自分にいい聞かせました。 これは小説じゃないのだから。 いや、詩である必要だって、ないじゃないか。
 「津波」 では 「太陽がいっぱい!」 ということばが連呼されます。 四〇年以上もまえ、寺山修司先生の朗読劇 「書を捨てよ、町へ出よう」 で、東京に家出して来た全国の高校生たちが全員で叫んだことばです。 家出と津波とではまったく違うけれど、目のまえがなく、目のまえのことしか考えられないとき、叫ぶのです。
 「太陽がいっぱい!」
選考してくださった清水哲男先生、高橋順子先生に深謝いたします。 そしてなによりも!  「現代詩」 という、 「生活」 というよりどちらかといえば 「学術的」 と思われがちな芸術分野に対して、このように全国的な壮大な視野を持たれる久留米市民のみなさんに、激烈に敬意を表したいと思います。

イメージ 1







 
      ツイッター! フォローし合いませんか? →ココア共和国 



秋亜綺羅詩集 『透明海岸から鳥の島まで』 が発売です。

詩集/透明海岸から鳥の島まで
08 /29 2012
2012年8月29日(水)
 
 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 休んでいたつもりはないのだけれど、1か月以上ブログの更新をしていなかったみたいです。 他人事みたいですな。
 
 41年ぶりにわたしの新詩集が発売になりました。 宣伝です。
 
イメージ 1
 
 上が表紙カバーです。 イラストは、いつも 「季刊ココア共和国」 の装丁をしてもらっている柏木美奈子です。
 カバーをはずすと表紙です。 イラストが写真に変わっています。 これは、劇団 I.Q150の制作をしている星川律子の作品。
 
イメージ 2
 
 で。 下は、表紙カバーのうらです。 同じく、星川律子の作です。
 
イメージ 3
 
  カバーをはずすと、金魚鉢の写真がイラストに変わっています。 柏木美奈子の作品です。 金魚さんの顔もこっちを向いていますね。
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 上の左のページは、扉です。 右半分は真っ黒ですが、見返しの用紙の色です。
 左半分はグレー色の用紙に黒インクで印刷したように見えますが、実はこれも真っ黒の用紙なのです。 グレーに見えるのは、白インクで印刷しているのです。 2度重ね刷りをしているのですが、用紙の黒色に負けて、白くなってくれません。
 白インクで周りを真っ白にして、ふつうに印刷したように見せたかったのですが、用紙の色にはかないません。 失敗でしたが、発見でした。
 文字の黒も、柏木美奈子が描いた鳥かごの黒も、用紙の色なのです。 鉛筆のタッチさえも、黒い用紙で表現されています。
 
 さて。 ここからが圧巻ですぜ。
 
イメージ 6
 
 上はいわゆる見返しです。 表紙を開くとすぐ見えるところです、ね。 真っ黒ですね。 なにか、見えるでしょ。 黒い用紙に黒いインクで印刷しています。 「真っ黒な青空が広がっていた。」 という文字が、白く浮かんでいます。
 よく見ると、木々と大地と空が見えます。 実は空の部分だけ、黒で印刷したのでした。 ところが、黒い紙に黒インクを乗せた部分のほうが明るく見えます。 これも発見でした。
 イラストは、あの! いがらしみきおです。
 
イメージ 7
 
 これが、最後の見返しのイラストです。 見返しの絵がいがらしみきおだなんて、贅沢だろ! 空は黒いですが、景色は快晴です。 青空なのです。
 
 で。 中身の詩はありきたりなものなので、そのうちゆっくり紹介していきます。
 うーむ。 これで宣伝か! 詩集のくせに。
                                           秋亜綺羅
 
 
¥1890
 ISBN978-4-7837-3305-8
 
*原則、書店には置いておりません。(注文はできます。)
  直接思潮社のサイトでも販売しています。
  アマゾンは、在庫切れになっていても、すぐ入荷します。
  livedoor'sBOOKSでもどうぞ。
  Jbook
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「季刊ココア共和国第10号」 のおしらせ
      ツイッター! フォローし合いませんか?秋亜綺羅
   
 
 
   
 

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅