fc2ブログ

秋亜綺羅詩集『ひよこの空想力飛行ゲーム』(思潮社)が出ました。

詩集/ひよこの空想力飛行ゲーム
08 /23 2014
 
2014年8月23日(土)
 
 おつかれさまです。 8月9日(土)・10日(日)、全国から詩人が集まって行われた 「仙台ポエトリー・フェス2014」 に、舞踏の伊藤文恵と参加させてもらったあと、2週間ほど夏休みをもらっていました。
 その間に、秋亜綺羅 『ひよこの空想力飛行ゲーム』(思潮社) が発売になりました。 ので、さっそく宣伝させてください。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 装幀・イラストは、「季刊ココア共和国」 でおなじみの柏木美奈子。 表紙カバーでは、鳥かごのなかのひよこが、風船とおもちゃの飛行機にひかれて、空を飛んでいます。
 カバーをはずすと、ひよこが飛んでいた空は、真っ黒な青空でした。 印刷の黒は、リッチブラックといって、黒インクのほかに、赤、青、黄色も重ねて、黒よりももっと黒い色にしてあります。
 
イメージ 3
 カバー背文字の詩集タイトルと著者名のあいだには、ひよこが後ろを向いて登場しています。 カバーをはずすと、ひよこは背表紙にはもういません。 表紙ウラの端っこに逃げていっています。
イメージ 4
 え。 どういう意味かって? ただ、それだけのことです。
 それから。 扉には、詩集のタイトルと、ブランコに乗った少女のイラストがあります。
 ダークグレーの用紙に黒インキで印刷したように見えますが、実は、黒い用紙なのです。 タイトル文字の黒も、ブランコのイラストの黒も、用紙の色です。まわりに白インキを印刷したのです。白インキで2度刷りしているのですが、白にはなってくれません。
 え。 ただ、それだけのイメージ 5
ことです。
 
 詩は、16篇収録。
 「青少年のためのだからスマホが!」
 「坂道とは人生です」
 「さみしいがいっぱい」
 「あした」 」
 「自傷」
 「ちょうちょごっこ」
 「愛なんて
 「羊のきみへのラブレター」
 「このナメクジ、ほめると溶ける」
 「ひよこの空想力飛行ゲーム」
 「来やしない遊び友だちを待ちながら」。
 
 
 2014年8月12日発行
 発行所 思潮社
 定価 1800円+税
 
 
 
 あきは書館でも取扱中 a@akiss.jp  tel.022.727.5182
 
 
 
 
 
 

 

      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国 ●●●

     

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅