fc2ブログ

2023年12月3日(日)「言と音が加速する午後」のご案内!!

おしらせ
11 /27 2023
言と音が加速する午後_オモテ

言と音が加速する午後_ウラ
 2023年12月3日(日)午後1時半より、ココア共和国主催のカクテルポエム「言と音が加速する午後」が開演します。仙台市の市民活動シアターにて。
 ヴァイオリンの甲斐史子、ドラムスの井上英司、舞踏の伊藤文恵をお招きしています。詩は、佐々木貴子と秋亜綺羅。スリリングな瞬間が何度も訪れることと思います。みなさん、どうぞおでかけください。
 ココア共和国へのパスポートは、こちらです。心よりお待ちしています。

 また、ココア共和国では詩の募集をしています。それをメインディッシュにして、月刊ココア共和国を出版しています。
 年に1度の秋吉久美子賞、いがらしみきお賞、YS賞の授与も行っています。詳しくは、https://www.youyour.me/ をご覧ください。




10月28日(土)に秋田に行きます。

おしらせ
10 /07 2023
231028秋田の詩祭
 おはようございます。10月28日(土)午後になりますが、秋田市大町の協働大町ビルで講演をします。主催は、秋田県現代詩人協会。朗読も15分くらいさせていただこうと思っています。
 講演のタイトルは「詩ってなんだろう」。なんでしょうね。講演っていうとなんだか一人芝居のイメージがありますが、講演途中でも異論や意見や質問があれば、それに応えながら進行するというのが面白いかな、などと考えています。
 わたしが若いころから尊敬している前田勉や歴程同人の寺田和子に会えるのが楽しみです。また、ココア共和国を通じて知り合った詩人たちにも来ていただけるようです。20歳未満の詩人も来ていただけるようなので、なんだか緊張もします。ココア共和国や現代詩手帖で紹介した、高橋凛ら数名の詩人たちもいらっしゃると風の便りで聞いています。こちらからは、佐々木貴子が編集の合間を抜けて一緒に行きますので、ぜひ声をかけてください。
 入場は無料だそうなので、時間の許す方はぜひどうぞ。心よりお待ちしています。
 秋田さきがけ新聞にも、詩祭にさきがけて文章を書かせてもらう予定です。たぶん17日くらいの掲載かと思います。(秋亜綺羅)


横手高校文芸部誌が新聞で紹介されました。

おしらせ
01 /16 2023
 2023年1月7日付の「秋田さきがけ新報」で、横手高校文芸部誌「美入野文学」が取り上げられています。「ココア共和国」10月号では、文芸部長の髙橋凛の2篇の詩を招待詩として迎え、11月号では「編集前記」で「美入野文学」の中の鈴木優衣の詩から、

  一度でも死について考えたあなたが
  ほんとうに死んじゃうのは
  なんだかもったいないと思うのですよ

というフレーズを紹介しました。
 また、詩壇を代表する専門誌「現代詩手帖」(思潮社)12月号の「現代詩年鑑2023」、「今年度の収獲」として、秋亜綺羅が「美入野文学」を推し、10名の未来の詩人たちの名前を挙げました。阿部そなたの詩の一部を改めて紹介すると、

  死にたいと考える夜よりも  
  生きたいと願う朝のほうが
  遥かに絶望的で悲しくて切なかった
  やはり死ぬことよりも生きることのほうが難しいの
   だろうか
  でも、それなのに、僕らは

と書いています。
 「秋田さきがけ新報」の佐藤悠大記者はわたしにまで熱心に取材をして、この記事を書き上げてくれました。佐藤記者は「ココア共和国」の常連・ツチヤタカユキのことも知っていましたよ。許可をもらいましたので、全文を紹介させてもらいます。(秋亜綺羅)

230107秋田さきがけ新報

冷やしブログ始めました。

おしらせ
01 /12 2023
 なんと! 5年半ぶりにブログを再開します。
 以前は Yahoo! ブログだったのですが、勝手にやめられちゃったので、FC2ブログさんにそっくり移動したまま、放置していました。放置ってあまりいい言葉ではないような‥‥。
 わたしはもう72歳寸前です。放置なさらずに、どうぞよろしくお願いします。
 わたしが高校生の時に書いた詩「百行書きたい」を読みたくて、こちらにいらっしゃる方も多いようです。


です。角川文庫の寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』に掲載されています。何度数えても98行しかないというので、SNSで話題になったこともあるようです。2行は、読者のためにとってあるのです。

 なるべく多く、今後はできたら死ぬその日までこのブログを更新したいと思いますので、どうぞごひいきに。(秋亜綺羅)





1月21日(土) はぜひ日本現代詩歌文学館へ!

おしらせ
01 /11 2017
イメージ 1

2017年1月11日(水)
 おはようございます。 秋亜綺羅です。 ことし最初のブログ更新です。

 13日(金)は、ケネディ米国大使公邸での 「英語版百人一首」 のかるた会、翌14日(土) は、日本現代詩人会主催の早稲田奉仕園でのゼミナールがあるので、東京2泊です。

 21日(土)14時より、北上市の日本現代詩歌文学館で 「日中交流シンポジウム──困難からうまれる詩」 が開かれます。 中国からは桑克、周瓉、冷霜、鄭小瓊の4名の詩人。 日本からは菊池唯子、東野正、文屋順、和合亮一、秋亜綺羅が参加します。 司会はなんと、田原。 国際交流基金主催。
 お近くで時間のある方、ぜひお出かけください。 日本現代詩歌文学館には、日本全国の詩歌集、同人誌までが収蔵されています。 すこし早めにおいでいただき、書架をご覧いただくと、楽しい一日になると思いますよ。 お待ちしています。


2017年1月16日(月)
おはようございます。 秋亜綺羅です。
21日(土)の詩歌文学館のシンポジウムですが、
司会が変更になりました
上のチラシを新しいものと取り換えました。
寒いけれど、ぜひお出かけください。
お待ちしています。





             ●●● 詩の絵本 「ひらめきと、ときめきと。」 
      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国 ●●●

   

     

3月13日(日)、座・高円寺へどうぞ。

おしらせ
02 /22 2016
2016年2月22日(月)
イメージ 1

 おはようございます。 ことし、はじめての更新かな。

 東日本大震災から5年が近づいてきました。 長かったなと思うひとや、なにも変わっちゃいないじゃないかと不満を感じるひと……。 町には慰問ということで、タレントたちのコンサートがあったりしました。 地域のお祭りなどもだいぶ復活してきています。

 だけど。 海が目の高さまでやってきて、握っていたはずの友だちの手を離してしまった瞬間から、時間が止まったままの子もいます。 時間が固まったまま、12歳だった少年は17歳になりました。 そんな子たちに、詩人はなにかできるといえるでしょうか。

 3月13日(日)、東京の座・高円寺での、演劇関連の 「公開トーク」 に呼ばれました。 宮城が生んだ天才の演劇人・いまは亡き石川裕人の話題から、トークは始められるようです。 震災後の6月、石川裕人はわたしの事務所に遊びに来ました。 その日の石川のブログが、以下です。
石川はわたしとの会話を 「オフレコです。 オフレコにしないと非難囂々だと思うんで」 と書いています。 実は、震災があったときお互いなにをしていたか、という話になって、わたしは 「海の近くでサーフボードを売っている店を捜していましたよ」 といったのです。 それを石川裕人は笑いながらも 「それは外で言わないほうがいいですよ」 と……。
 ところが、のちに石川が出してきた新作には、津波に果敢に挑戦した幻のサーファーが登場していたのです。 したたかですねぇ。

 石川裕人の演劇について、わたしが昔書いた文章は、以下です。
スケールが違うのを感じるでしょ。

 手抜きの芸をしてサインと握手をして 「反対に元気をもらっちゃいました~」 などといって帰っていくタレントたち。 すくなくとも、隣のライバルたちを蹴落として這い上がってきた、その必死を見せてほしいんだ。 それは演劇だって、美術だって、文学だっておなじだよね。 その、必死の凄まじさこそしか、時間が止まったままの少年と向きあうことができるものなんて、ないじゃないか。

 3月13日(日)、お近くの方、時間のある方、ぜひおでかけください。

 あ、それから。 3月8日の朝日新聞の夕刊に、震災の詩を書くことになっています。 すこしく宣伝っぽい話になりましたが、よろしくです。

                                          秋亜綺羅
 
  
 





             ●●● 詩の絵本 「ひらめきと、ときめきと。」 
      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国 ●●●

   
   




詩の絵本 『ひらめきと、ときめきと。』 発売です。

おしらせ
08 /20 2015
イメージ 1
   (売切れになっていてもすぐ入荷いたします)



2015年8月20日(木)
 おはようございます。 秋亜綺羅です。
 柏木美奈子のイラストと、秋亜綺羅の詩を組み立てた、詩の絵本 『ひらめきと、ときめきと。』 が発売になりました。
 絵本というより、未完成の詩に、未完成のイラストを加味することで、ひとつの詩にならないだろうか。 または、ひとつの絵画にならないだろうか。 というひらめきから、試みは始まりました。
 絵本はふつう、絵でストーリーを追うものですが、この本のストーリーは100%、読者まかせなのです。
 ときめきまで、たどり着くことができたかどうかはわかりません。
 最初の2ページだけ紹介します。
 できましたら、アマゾンまで行っていただけたらうれしいです。


イメージ 2

イメージ 3









 
      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国 ●●●



  

仙台ポエトリーフェス、ことしもあり〼

おしらせ
07 /30 2015
イメージ 1
イメージ 2


















 おはようございます。 秋亜綺羅です。

 仙台の詩人・一方井亜稀と武田こうじが主宰する、仙台ポエトリーフェス2015が、9月5日(土)午後2時より、劇団 I.Q150スタジオで催されます。
 全国から詩人、そして舞踏家や音楽家や演劇人を招いて開かれる、年にいちどの朗読の詩祭です。

 出演は一方井亜稀、藤川みちる×秋月慧、カニエ・ナハ、及川俊哉×鯨井謙太郒、TOLTA、武田こうじ×中里広太、曉方ミセイ、秋亜綺羅×丹野久美子×只野展也の予定です。

 チケットは前売り1200円、当日1500円。 ローソンチケット:Lコード23447、チケットぴあ:Pコード444-788、イープラスでも発売中です。わたしにメールをいただいてもかまいません。 ぜひ、ご参加ください。 わたしのメルアドは、aa@akiakira.com です。

   主催=Sendai Poetry Fes 2015 実行委員会 tel.090.2954.7719
   共催=思潮社

 終了後、ささやかな打ち上げを行いますので、それにもぜひ! 
 会場の案内図ができましたら、またブログアップします。 ね。




P.S.  会場(I.Q150)への案内図ができてきました。 以下です。 お待ちしています。
    チラシ(フライヤー)が欲しい方には郵送しますので、メールください。  秋亜綺羅
イメージ 3




 
 
 



















 
      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国 ●●●





23日(日)仙台文学館で朗読します。伊藤文恵もいっしょです。

おしらせ
11 /19 2014
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 秋亜綺羅です。 11月23日(日)、仙台市青葉区北根の仙台文学館で 「宮城県詩人会10周年朗読祭」 が開かれ、わたしも朗読で参加します。 舞踏の伊藤文恵もいっしょです。
 持ち時間はあまりありませんが、詩の朗読は意味の伝達ではけっしてないことを、わたしなりに表現しようと思っています。 伊藤文恵の舞踏だけでも魅惑的ですので、ぜひご覧ください。
 尾花仙朔、藤川みちるも朗読します。
 午後1時より。 入場無料。
 
イメージ 3
 
 


 

      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国 ●●●


    
 
    

仙台七夕祭のあとの詩のフェスティバル

おしらせ
07 /06 2014
イメージ 2
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014年7月6日(日)
 
 ふふふ。 お久しぶりです。 秋亜綺羅です。 なにか宣伝があるとブログを更新する、秋亜綺羅です。
 
 8月9日(土)・10日(日)に、いま現代詩の最前線で活躍する詩人たちが、仙台にやって来ます。 朗読や座談会をします。 わたしも参加させてもらいます。 伊藤文恵の舞踏もたっぷり楽しめるとおもいます。
 
 お祭りのあとの虚しさは、なぜかせつないものだけど、七夕祭りのあとの詩の祭りはきっと、もっとせつなく、したたかです。
 
 会場は、ギャラリーターンアラウンド
       仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1F  tel.022.398.6413
 
 2日間通し券(入退場自由) 1,800円 (予約1,500円)
 1日券(入退場自由) 1,200円 (予約1,000円)
 主催=Sendai Poetry Fes 2014 実行委員会 tel.090.2954.7719
 共催=思潮社
 
 8月9日(土)
 14:00~14:30 カニエ・ナハ
 14:45~15:15 木戸多美子×寶玉義彦
 15:30~16:00 広瀬大志
 16:15~16:45 TOLTA
 17:00~17:30 秋亜綺羅×伊藤文恵
 
 8月10日(日)
 13:00~14:30 座談会「明日、私がいなくなったならば」
          高塚謙太郎×小川三郎×山田亮太×及川俊哉
 14:45~15:15 暁方ミセイ
 15:30~16:15 武田こうじ×一方井亜稀
 
 メールでの予約は、わたしにでもかまいません。 aa@akiakira.com
 現代詩人たちが挑む現場を垣間見ることができます。 ぜひ、お遊びにいらっしゃってください。
 
  

 
 
 

      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国 ●●●


      

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅