fc2ブログ

2日間かわいい高校生たちと一緒でしたよ。

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
07 /26 2012
 
第2回YS賞授賞式での恋藤葵(宮城県石巻北高)の朗読
 
 
2012年7月26日(木)
 
 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 昨日と一昨日、仙台市青年文化センターで、宮城県全部の高校演劇部員たちが集まって、「高校演劇総合研修会」 が開かれました。
 
 わたしも講師として呼ばれていて、2日間、30人ばかりのかわいい生徒たちと、朝から夕方までずっと一緒でした。 わたしの講座は 「朗読術講座」 というタイトルで、生徒全員にそれぞれ、自分自身で書いた日記や、詩や、物語や、ラブレターなどを朗読してもらうのです。 ひとり終わるたびにその内容に関して、みんなで討議します。
 
 殺人や泥棒はなぜいけないのだろうか。 とか、リストカットとか、いじめとか。 本気で考えます。 ばか(?)な大人みたいに、「ダメ、ぜったい」 なんていう単純な子どもはいません。 もちろん好きな音楽とか、嫌いな異性のタイプとか、愛するペットやぬいぐるみの話も出てきました。
 
 わたしが役者志望の生徒たちに、自分の書いたものを、なぜ、朗読してもらうのかというと、こういうことです。
 
 絵は絵具を道具とします。 音楽は楽器を道具として演奏します。 詩は言葉を道具として書かれます。 だけど! 演劇の役者は、劇作家や演出家の道具じゃないんだぞ! ということです。 役者は生きている人間であって、道具じゃない。 演劇を作るのは、役者だということです。 役者(生きている人間)が新しい日常原則を試みることが、演劇なんだよ。 ということです。
 
 だけど。 他人が書いた台本や、他人による演出が、きょう自分が精いっぱい表現した以上の満足を得ることができるとしたら、それがほんとうの演劇との出会いとなるでしょう。 他人の作った物語を、他人の振付けで、他人になりきることで、いちばん自分を表現できるとすれば。 それが演劇というものじゃないかな。 と。
 
 
 上の、YouTube の動画は、ことし宮城県詩人会主催のYS賞を受賞した恋藤葵の朗読です。 恋藤葵も一昨年、わたしの講座の受講生でした。 わたしの授業のときは、iPod で音楽を流し、ケータイにしまってある自分の詩を読みました。 この動画は受賞後すぐのもので、緊張しているところが、かわいいです。
 
 実は恋藤葵はまだ3年生で、昨日も別の先生の講座を受けに来ていたので、昼休み、会場のレストランでデートしました。 いいだろ。
 
 高校生は、こんなにも豊かな表現をするのだ。 というところを見てほしいです。
 
 
 
 
 
「季刊ココア共和国第10号」 のおしらせ
      ツイッター! フォローし合いませんか?秋亜綺羅
 
   
 
 

猫うつしのキッス      写真と詩※宮内文子+秋亜綺羅

写真と詩
07 /17 2012

 
ミルフィーの回復をお祈りして、
宮内文子とのコラボを再掲させていただきます。
 
ミルフィーというのは、この写真のモデルの
宮内家の家族の一員のネコさんです。
宮内文子が最近出した写真集にも登場しています。
 
わたしはミルフィーと会ったことはないのだけど、
23歳だとか、聞きました。
 
この写真だけを見て、詩を書かせてもらいました。
ミルフィーが書かせてくれた、詩です。
 
ミルフィーはいま、水を飲むのがやっと。…
だけど、あまり苦しんでいる様子じゃないので、
いささかなぐさめです。
 
2012.07.17
 
 
 
 
 これは現寸にするとA3版です。
 写真と詩を、それぞれに紹介したほうがブログでは賢明なのでしょうが、 
 できたら、写真と詩との距離、空間を感じてもらえたらと思い、
 パソコンのデータのまま、貼付しました。
 訪問された方には失礼な話ですが、
 拡大して見てみてください。
 
  1枚の写真と1篇の詩に意味としての関連性はありませんが、
 ふたつが感じあっていることが、
 ひらめき合っていることが、
 それが、宮内とわたしのときめきになっていることが
 ちょっとでも現れてくれたらいいな。 と思っています。
 
 写真のネコさんの背中はもちろん猫背だけど、ははは。
 宮内文子にかかると、ネコさんの背中は、物語を語り始めます。
 このネコさん、にやりと笑っています、ね。
 そう、だれもいなくなると、部屋のなかの
 赤い金魚さんが棲む金魚鉢と、
 小鳥さんのいる鳥かごを訪問しては、
 世の中の情報を交換していますぜ。…
 
 ところで、たいていの詩には、タイトルがありますよね。
 どうしてだろう。 なぜタイトルなんか必要なんだろうと、いつも思っています。
 だからタイトルをつけるとき、ちょっと気恥ずかしさを感じていました。
 
 で。 この詩はタイトルまでも、詩全体の仕掛けのひとつにしてしまおう
 と思ったわけです。
 
 ネコさんって、金魚さんにも小鳥さんにも興味を示しますよね。
 それって、ふたりのデートのお手伝いをしていたのでした。
 
 2011.06.05
 
 
 
 
     

季刊ココア共和国 Vol.10 発売です。

季刊 「ココア共和国」
07 /11 2012
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(売切れになっていてもすぐ入荷いたします)
 
 
 
季刊ココア共和国 vol.10
秋亜綺羅(著), 池井昌樹(著), 一倉宏(著), 雨女 薬(著), 石井萌葉(著), 望月苑巳(著)、 柏木美奈子(編集,イラスト)

2012年7月7日発行

価格:¥525

商品の説明
内容紹介
  詩人・秋亜綺羅による個人季刊誌第10号。
  右開きからが詩。左開きではブログを編集。
        ※
 えっと。「季刊ココア共和国」第10号がやっと出ましたよん。 今号はまたまた、豪華なゲスト陣ですぜ。
 詩壇をリードしているといって過言じゃない、池井昌樹と、望月苑巳のふたりに作品をもらうことに成功しました。
 またコピーライターとして第一人者である一倉宏からも、第6号につづいて、詩を書いてもらいました。
 そして、石井萌葉、雨女薬という、ふたりのハイティーン詩人の才能を、著名な作家たちのあいだにサンドイッチしてみました。 楽しめると、思いますよ。
        ※
 池井昌樹は、詩の世界で知らないひとはいないでしょう。 わたしは学生時代に東京で出会い、詩論の違いでいつも大喧嘩していました。 だけど池井が天才であることは認めます。 近くのことを書いていてもスケールが大きい。 池井にしかない旋律も健在でした。
わたしは30年ほど、詩を活字にすることも、他人の詩を読むこともやめていたので、先日数十年ぶりに電話で話しました。 詩の話しか出ませんでした。 池井の主食は、詩です。 池井はそして最後には詩に殺されていく詩人です。 詩に殺されていく詩人というのは、少ない。 詩に殺されていく。 この意味は、深いぞ。
        ※
 望月苑巳には、詩誌「孔雀船」の編集や、日本現代詩人会の仕事で忙しいのを承知で、無理にお願いしました。 「孔雀船」は、うらやましいばかりの詩人たちが揃っている雑誌です。
 今号の詩のレトリックはさすがに抜群で、逆説を超えるための、鍵と、鍵穴が潜んでいるような気がします。
        ※
 一倉宏の作品はふたつとも、現代詩がまだ到達していない場所を、遊んでいるな、と感じました。 それは、いがらしみきおの詩にもいえるかもしれないけれど、自分の表現に生活をかけている、一流の芸術家が持つスケールかもしれません。
 コピーを書いていれば、お金になるのに、ココアにつき合わせて、ちょっと悪いかな。などと…
        ※
 石井萌葉と雨女薬は、18歳の女子高生です。 ふたりの詩の内容は、対称的に感じられるかもしれません。
石井萌葉の軽快さは、あいかわらず好調です。 スキップの足どりで、町を走り抜ける少女のようで、魅力がいっぱいです。
雨女薬は実は、ココア第6号の「僕の母」で大反響を呼んだ、ともが、改名したものです。 あのときは連絡もつかないまま、ブログから無断転載したのでしたが、ある日、メールが来ました。
雨女の詩は、やはりちょっと深刻な内容なのだけど、なぜかロジックが軽快です。 石井もそうだけど、この開かれた軽快さは、天才なのだろうと思います。
詩の雑誌などに投稿して新人賞を狙うような、ギラギラした汗っぽさもない。 わたしはそんなふたりが、大好きです。
      ※
秋亜綺羅の 「3つのドリーム・オン」。 ひとつめとふたつめの 「ドリーム・オン」 は、最新作。 最後の「ドリーム・オン」 は1975年が初稿です。 東京・石神井公園の野外ステージで、ドクトル梅津のサックスで朗読したものです。
それから40年近く、朗読などを繰り返すことですこしずつ変化し、ついに、ふたつの詩に分かれたのでした。
わたしはいつも自分の詩を持ち歩いていて、一文字でも直したくなったら、立ち止まって、鉛筆を持ちます。 詩を、醸造させるためです。 醸造には時間も必要だけと、ときどき掻き混ぜる必要もあるのです。 それが朗読という行為です。
だけど醸造というより、ひとつの詩がふたつになったのは、初めてのことだったので、自分でもびっくりして、今号でまとめてみました。
                

著者について
池井昌樹=詩人。 1953年生。 東京都在住。
  詩集に  『眠れる旅人』 『童子』 『月下の一群』 、 近刊 『明星』 など。
「歴程」 同人。
現代詩花椿賞、詩歌文学館賞、三好達治賞など受賞多数。

望月苑巳=詩人、ラジオ日本 「モーニング・シネマ・チェック」 パーソナリティー、
映画評論家。1947年、東京生まれ。
詩集に 『ひまわりキッチン』 『鳥肌のたつ場所』 など。
著書に 『団塊力 ひもパン洗濯おとーさん奮戦す』 など多数。
詩誌 「孔雀船」 主宰。

一倉 宏=コピーライター、作詞家。
1955年生。 東京都在住。
著書に 『ことばになりたい』 (毎日新聞社)、
『人生を3つの単語で表すとしたら』 (講談社)、
『ななえがトイレで泣いたこと』 (TOTO出版) など。

雨女 薬=1994年生。 大阪府在住。 高校3年。
ブログで詩を発表。

石井萌葉=1994年生。 千葉県市原市在住。
文化学院高等課程3年。
小学6年から詩を書きはじめ、現在は自身のブログで活動中。
 
秋亜綺羅=詩人。 1951年生。 仙台市在住。
  名まえは、 40年まえ高校生のとき、 寺山修司がつけてくれたもの。
  角川文庫の 「書を捨てよ、町へ出よう」(寺山修司) に、
  ハイティーン時代に書いた詩 「百行書きたい」 が載っている。
詩集 『海!ひっくり返れ!おきあがりこぼし!』 (1971年)。
 
 
目次

  ■小詩集
    池井昌樹 「彩月」 全5篇

 

   一倉 宏 「水月の日記」 ほか1篇
   雨女 薬 「わすれないでください」 ほか1篇
   石井萌葉 「ワルツのために」 ほか4篇
 望月苑巳 「テーブルの下の二十一世紀」 
 秋亜綺羅 「3つのドリーム・オン」

 ■ブログ=ココア共和国
   秋亜綺羅 「詩ってなんだろう」
        「秋亜綺羅の長いつぶやき」
 
 装丁=柏木美奈子
 
 
 
      ツイッター! フォローし合いませんか?秋亜綺羅
 
 
    
 
 
 
 

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅