fc2ブログ

秋亜綺羅詩集 『透明海岸から鳥の島まで』 が発売です。

詩集/透明海岸から鳥の島まで
08 /29 2012
2012年8月29日(水)
 
 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 休んでいたつもりはないのだけれど、1か月以上ブログの更新をしていなかったみたいです。 他人事みたいですな。
 
 41年ぶりにわたしの新詩集が発売になりました。 宣伝です。
 
イメージ 1
 
 上が表紙カバーです。 イラストは、いつも 「季刊ココア共和国」 の装丁をしてもらっている柏木美奈子です。
 カバーをはずすと表紙です。 イラストが写真に変わっています。 これは、劇団 I.Q150の制作をしている星川律子の作品。
 
イメージ 2
 
 で。 下は、表紙カバーのうらです。 同じく、星川律子の作です。
 
イメージ 3
 
  カバーをはずすと、金魚鉢の写真がイラストに変わっています。 柏木美奈子の作品です。 金魚さんの顔もこっちを向いていますね。
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 上の左のページは、扉です。 右半分は真っ黒ですが、見返しの用紙の色です。
 左半分はグレー色の用紙に黒インクで印刷したように見えますが、実はこれも真っ黒の用紙なのです。 グレーに見えるのは、白インクで印刷しているのです。 2度重ね刷りをしているのですが、用紙の黒色に負けて、白くなってくれません。
 白インクで周りを真っ白にして、ふつうに印刷したように見せたかったのですが、用紙の色にはかないません。 失敗でしたが、発見でした。
 文字の黒も、柏木美奈子が描いた鳥かごの黒も、用紙の色なのです。 鉛筆のタッチさえも、黒い用紙で表現されています。
 
 さて。 ここからが圧巻ですぜ。
 
イメージ 6
 
 上はいわゆる見返しです。 表紙を開くとすぐ見えるところです、ね。 真っ黒ですね。 なにか、見えるでしょ。 黒い用紙に黒いインクで印刷しています。 「真っ黒な青空が広がっていた。」 という文字が、白く浮かんでいます。
 よく見ると、木々と大地と空が見えます。 実は空の部分だけ、黒で印刷したのでした。 ところが、黒い紙に黒インクを乗せた部分のほうが明るく見えます。 これも発見でした。
 イラストは、あの! いがらしみきおです。
 
イメージ 7
 
 これが、最後の見返しのイラストです。 見返しの絵がいがらしみきおだなんて、贅沢だろ! 空は黒いですが、景色は快晴です。 青空なのです。
 
 で。 中身の詩はありきたりなものなので、そのうちゆっくり紹介していきます。
 うーむ。 これで宣伝か! 詩集のくせに。
                                           秋亜綺羅
 
 
¥1890
 ISBN978-4-7837-3305-8
 
*原則、書店には置いておりません。(注文はできます。)
  直接思潮社のサイトでも販売しています。
  アマゾンは、在庫切れになっていても、すぐ入荷します。
  livedoor'sBOOKSでもどうぞ。
  Jbook
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「季刊ココア共和国第10号」 のおしらせ
      ツイッター! フォローし合いませんか?秋亜綺羅
   
 
 
   
 

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅