fc2ブログ

「詩人会議」1月号に秋亜綺羅が詩を書いています。

秋亜綺羅の近況
12 /09 2014
2014年12月9日(火)
 
イメージ 1
 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 
 「現代詩手帖」 12月号年鑑劇団月蝕歌劇団を主宰する劇作家・演出家の高取英が、秋亜綺羅 ひよこの空想力飛行ゲーム (思潮社) を批評しています。 高取とは、お互い学生の頃からの知り合いで、詩集のタイトルになった詩の背景などにも触れています。
 この現代詩年鑑には 「2014年代表詩選」 として、秋亜綺羅 「来やしない遊び友だちを待ちながら──あるいは伊東俊への弔詩」 が掲載されています。
 
 きょう届いたばかりですが、「詩人会議1月号に 「新春作品特集」 として、秋亜綺羅もまぜてもらっています。  「これはソーセージではない/メッセージ/一卵性メッセージ」 と始まっていくのです。 「夢からさめると/青空と屋上は接触している/太陽は分裂する瞬時だ/きみが地上に落とした人形の呼吸/赤い骨と白い血のネガフィルム/目をつむった目のないことばたち」…とつづきます。
 11月23日に行われた宮城県詩人会10周年朗読会では伊藤文恵の舞踏といっしょに、この詩をコード表にして即興しました。
 詩のタイトルは 「フランクフルト幻想」 。 「フランクフルト」 というのは、はい、ソーセージです。 
 
 
 
 


 

      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国 ●●●

 
 
    
    
       
 
 

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅