fc2ブログ

3月13日(日)、座・高円寺へどうぞ。

おしらせ
02 /22 2016
2016年2月22日(月)
イメージ 1

 おはようございます。 ことし、はじめての更新かな。

 東日本大震災から5年が近づいてきました。 長かったなと思うひとや、なにも変わっちゃいないじゃないかと不満を感じるひと……。 町には慰問ということで、タレントたちのコンサートがあったりしました。 地域のお祭りなどもだいぶ復活してきています。

 だけど。 海が目の高さまでやってきて、握っていたはずの友だちの手を離してしまった瞬間から、時間が止まったままの子もいます。 時間が固まったまま、12歳だった少年は17歳になりました。 そんな子たちに、詩人はなにかできるといえるでしょうか。

 3月13日(日)、東京の座・高円寺での、演劇関連の 「公開トーク」 に呼ばれました。 宮城が生んだ天才の演劇人・いまは亡き石川裕人の話題から、トークは始められるようです。 震災後の6月、石川裕人はわたしの事務所に遊びに来ました。 その日の石川のブログが、以下です。
石川はわたしとの会話を 「オフレコです。 オフレコにしないと非難囂々だと思うんで」 と書いています。 実は、震災があったときお互いなにをしていたか、という話になって、わたしは 「海の近くでサーフボードを売っている店を捜していましたよ」 といったのです。 それを石川裕人は笑いながらも 「それは外で言わないほうがいいですよ」 と……。
 ところが、のちに石川が出してきた新作には、津波に果敢に挑戦した幻のサーファーが登場していたのです。 したたかですねぇ。

 石川裕人の演劇について、わたしが昔書いた文章は、以下です。
スケールが違うのを感じるでしょ。

 手抜きの芸をしてサインと握手をして 「反対に元気をもらっちゃいました~」 などといって帰っていくタレントたち。 すくなくとも、隣のライバルたちを蹴落として這い上がってきた、その必死を見せてほしいんだ。 それは演劇だって、美術だって、文学だっておなじだよね。 その、必死の凄まじさこそしか、時間が止まったままの少年と向きあうことができるものなんて、ないじゃないか。

 3月13日(日)、お近くの方、時間のある方、ぜひおでかけください。

 あ、それから。 3月8日の朝日新聞の夕刊に、震災の詩を書くことになっています。 すこしく宣伝っぽい話になりましたが、よろしくです。

                                          秋亜綺羅
 
  
 





             ●●● 詩の絵本 「ひらめきと、ときめきと。」 
      ツイッター! フォローし合いませんか?ココア共和国 ●●●

   
   




秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅