fc2ブログ

お久しぶりです。

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
10 /05 2011
2011年10月5日(水)
 
 ちょっとブログをサボっていました。
 秋亜綺羅です。
 
 8日(土)には青森市で、日本現代詩人会と青森県詩人連盟が主催する、
 東京と東北6県の詩人たちが集まり、シンポジウムや
 自作詩の朗読などが行われます。
 
 10分ほど朗読しなさい。 と、わたしも呼ばれていて、
 舞踏の伊藤文恵を連れて行って来ます。
 
イメージ 1
 
 上の写真は、劇団I.Q150スタジオで打ち合わせするふたりを、
 劇団員の高橋史生が撮ってくれたものです。
 
 東京からは麻生直子、福島は齋藤貢、宮城はわたし、山形は高啓、
 岩手は菊池唯子、 秋田は成田豊人、青森からは高橋玖未子、佐々木英明が
 自作詩を読みます。 佐々木英明は、寺山修司の映画  「書を捨てよ、町へ出よ 
 う」 の主演だったひとです。
 
 シンポジウムは 「方言詩と抒情詩の極北」 というテーマで、
 圓子哲雄、山田尚、藤田晴央がパネリスト。
  
 それから、津軽三味線の山上進、舞踏の福士正一、伊藤文恵のコラボもあり、
 ワクワクです。
 
 わたしは伊藤文恵の舞踏といっしょに朗読しますが、
 音楽をいっさい使わないことを確認しています。
 頼れるのは、お互いの身体と観念だけという、
 そんな不安を楽しんでいるところです。
 
 横浜からはいまわたしの詩とコラボしてくれている写真家・宮内文子や、
 静岡からは、わたしが20歳のときに出した詩集の表紙を描いてくれた岩本まこと
 も来てくれるそうです。
 それから仙台からは詩人・伊達泳時もいっしょですよ。
 なんと伊達泳時は、ビデオカメラマン・デビューですよん。
 
 詩に興味あるみなさんも、まだ間に合いますので、
 ぜひおいでください。
 夕方には懇親会もあります。
 
 
 

      ツイッター! フォローし合いませんか? →秋亜綺羅   

 
   
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

履歴から訪問しました。

詩に興味があるのですが、残念な事に息子の試合のため休みを取っていたので土曜日は仕事を入れられてしまいました。

今とっても寂しいので どうやってぶつけたらよいかと・・・
聞きたかった

No title

不安を楽しんでいらっしゃるんですね。
なんて素敵なんでしょう。
秋亜綺羅さんの朗読と伊藤文恵さんの舞踏、
どんな世界が、生まれてくるんでしょう。

羽があったら、青森まで飛んでいくんですが…。

No title

はじめまして。
何だか興味深い世界です。
また、お邪魔したいので、お気に入り登録させて頂きます。

No title

tomatomaさん。
こんにちは。
スポーツ観戦が趣味というひとはいいですね。
そうでないひとも、
夕食後にTVを見るのが趣味。 というばかりでなく、
きょうはなんの芝居を観に行こうか。 バレーもいいね。
歌舞伎に行こうか。 あ、詩の朗読会もあるよ。
とばかり、詩に興味があるひとたちが増えてくれたら、
ちょっと楽しい。

No title

SAIKAさん。
わたしはいままで朗読するとき、いつも音楽を使ってきました。
音の波に溺れて、アップアップしながら、水面を浮いたり
沈んだりする自分の声を感じることが、詩の朗読でした。
舞踏にとっても、音楽や音響をメトロノームにして踊る
ということが多かったと思うのです。
それをやめちゃおう。 というのはすこし恐怖です。
舞踏はもうひとつの詩、です。
だったら。 ことばは、ステージの上で踊ることができるだろうか。
考えるほど、恐怖です。

No title

血は立ったまま眠っている・・・・

ご活躍をお祈りしています。

No title

はぐれ雲さん。
わたしもはぐれ雲さんの写真を楽しみに
お伺いします。

No title

阿武隈さん。
70年前後のこと。 寺山修司の映画 「書を捨てよ、町へ出よう」では佐々木英明が主演。
書物 「書を捨てよ、町へ出よう」 には秋亜綺羅の詩が載っています。
演劇にも 「書を捨てよ、町へ出よう」 があって、これは詩の朗読劇ともいえるもので、地方から家出してきた高校生たちが自分の詩を叫びました。 そこに 「太陽がいっぱい」 というフレーズを全員でリフレインするシーンがありました。
わたしが青森で読む 「津波」 という詩にも 「太陽がいっぱい」 がリフレインされます。 家出と津波はぜんぜん違うけれど、目のまえのことで精いっぱいで、壁が壊せないでいるとき、わたしは叫ぶのです。「太陽がいっぱい」。

No title

舞踏と詩のコラボ、頑張ってと言うより楽しんできてください(*^^)v

No title

「現代詩ゼミナール”東日本”in青森、行ってきました!
只今。
お疲れさまでした・・・。
ありがとうございました。
楽しかったです、とっても。

・・予想はしていなかったのですが
疲れもしました、とっても。(笑)
おやすみなさい。

No title

浅井ゆめさん。
わたしもそうでしたが、震災の詩が多かったようです。
昨晩、仙台に帰って来ました。
実は、この会に呼ばれたことをいいことに、
そのあと青森の海岸の砂浜で、海に向かって
海風の中を、朗読と舞踏をするのがいちばんの目的でした。
だけど昨日も一昨日も、天気も波もおだやかすぎて、
詩のイメージと違うな。 と思ってやめちゃいました。

日本を代表する多くの詩人の顔も見ることができました。
こんど機会があれば、ゆめさんもいっしょに行きましょう。

No title

宮内文子さん。
おつき合いいただき、ありがとうございました。
写真が出来たら、このブログと季刊ココア共和国で
使わせてもらえたらうれしいのですが。…
それにしても横浜から遠くまでごめんなさい。
お疲れでしょう。
死ぬほど寝てください。
死なない程度に。

No title

ふうさん。
トラックバック、ありがとうございます。
昨晩、青森から帰って来ました。
日本現代詩人会の会長あいさつをしたのは八木忠栄で、
70年当時 「現代詩手帖」 の編集長だった詩人です。
青森の詩人・泉谷明ともお話ができました。
舞踏家の福士正一も、意外に? 繊細でやさしいひとでした。
佐々木英明とも実は初めての出会いでした。
みんな、2次会、3次会と元気な青年! たちでした。

No title

こんにちは、ふうです。
ごめんなさい、ご挨拶が遅くなりました。
ご活躍、楽しみに拝見しています。
いまだに詩人・表現者としてさかんに活動する、
秋さんの姿に敬服し、あこがれます。

No title

熟女?というよりそろそろ干物に近いわたしたち

女ふたりで旅をしてきましたよ!
「テルマ&ルイーズ」か「フライドグリーントマト」みたいな!
・・・・といえば映画好きなひとにはうらやましいでしょ?

5月に知り合った写真家の宮内文子さんとご一緒。

ちょっと芸術の秋 「現代詩ゼミナール”東日本”in 青森」

佐々木英明の「修司さんへの手紙」朗読に福士正一の舞踏がコラボ

腕が膨らんできたかと思うくらい鳥肌が!

感動って出かけて行かなくては出会えないのですね。
こんなすばらしい詩と舞踏があったんですね。

40年前にお友達だった秋亜綺羅は
伊藤文恵という舞踏家と舞台に立ち「津波」を朗読しました。
舞踏というのは体で詩を謳うような感じですね。
伊藤文恵さんは人形が夜中に動き出したような・・・というのが私の印象

会のあとでご一緒しました。喫茶店で。
お人形がジュースを飲み、ドーナッツ食べているようでした。

伊達泳時さんはご無事でしたか?

No title

ふうさん。
青森でのカクテル・ポエム(詩の朗読)を、
近くYouTubeにUPするつもりです。
いつもは音楽に塗れて叫ぶのですが、
今回は音楽もマイクも自ら禁じました。
会場にいる全員の呼吸を、音楽のかわりにしたかったのです。
鑑賞的にはとてもつまらない朗読です。
舞踏の伊藤文恵が、それを救ってくれています。

No title

岩本まことさん。
もうひとりの 「干物」 さんが、
「干物」 じゃないと叫んでいますよ。

今回は遠くからありがとうございました。
佐々木英明のステージ、
あれが演劇実験室 「天井棧敷」 の本流です。

わたしは音楽もマイクも捨てて朗読するのは初めてで、
とても恐怖でした。
わたしも伊藤文恵も裸足だったのに気づかれましたか?
あの会場で床を裸足でつながっているのは、ふたりだけ。
怖いので、心の手(足?)をつないで、演じていたのでした。

それにしても、伊藤文恵。 かわいかったでしょ!

No title

裸足、気がつきましたよ
死者の足・・・と思いました

No title

おはようございます。
やっと眠りから覚めました・・
そのまま目が覚めなかったら、
・・そのことに自分では気がつかないんだなぁって
こと実感・・(笑)

写真、室内でストロボ無し・・、良い経験させて頂きました。
どうぞ、お気に入りがございましたら使って下さい・・・。
ボツでも怒ったりしませんよ!

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅