fc2ブログ

演劇的じゃなく。 音楽的じゃなく。

詩ってなんだろう
10 /19 2011
2011年10月19日(水)
 
 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 
 10月8日(土)に青森市で、日本現代詩人会と青森県詩人連盟が主催する、「現代詩ゼミナール”東日本” in 青森」 が開かれました。
 東京と東北6県の詩人たちが集まり、シンポジウムや自作詩の朗読などが行われました。
 
 わたしも呼ばれていて、大好きな伊藤文恵の舞踏といっしょに、詩を叫んで来ました。 伊藤文恵は仙台の新鋭の舞踏家で、1時間踊れば1時間だけ歳をとって見せることができる、身体表現の詩人、天才の舞踏家です。 わたしより、30歳ばかり若い。
 
イメージ 1
イメージ 2
                       写真=宮内文子
                       VTR=伊達泳時 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 わたしの今回の詩は、マイクロフォンも、音楽も、音響も使わずにやること。 演劇的な面白さも、音楽的な面白さも排除する。 ステージのうえでふたりは目を合わせることはない。 という点を確認しあっていました。
 
 マイクロフォンを捨てたのは、機械を通して声は、音に変化してしまうからです。 伊藤もわたしにとっても、音を使わないというのは、とてもつらいことです。 ふたりともずっと、音楽をメトロノームにしてきたからです。
 
 観客にはとても退屈だったろうけれど、ふたりにはとても恐怖でした。 わたしも伊藤も裸足でした。 この会場内で裸足なのはふたりだけ…。 怖いので、ステージの床をとおして、手(足?)をつないで、演じていたというわけです。
 
 ふたりが目を合わせない、という約束は、ふたりはおたがいも、観客すらも見えていない。 という設定で、詩を読んでいるからです。
 
 たがいの身体の気配と、ことばという名の観念だけを頼りに、ふたりはステージに立っています。
 
 音を使わないことで、観客たちの呼吸を感じることができました。
 実は、そこに今回のステージでの朗読の目的があったのです。
 ひとの呼吸をメトロノームにすること。 
 
 まあ。 たぶん、うまくいったとは思えませんけれど…。
 
 わたしはこれまで、詩の朗読をするとき、
 「ひとりの少女が交通事故に遭って、倒れたまま自分の血で 『おかあさん』 と、アスファルトのうえに書いたとする。 その5文字のことば以上の衝撃がないものは詩じゃない」
 などと、ちょっと偉そうに話してきました。
 
 だけど、3月の震災後の被災地の風景には、「おかあさん」 という5文字が、いたるところ、どちらを見回しても、現実として存在したのでした。 現実の 「おかあさん」 は強烈でした。
 もうわたしは二度となにも書けないんじゃないか。 と思ったりしました。
 
 だけど何か月か過ぎて、わたしもここで、がれきのひとつになって、「おかあさん」 と叫んでみよう。 と考えるようになりました。 この場所と時間から、詩でないものを引き算していってみよう。 そこにもし、いとおしさと切なさが、ちょっとでも残っているようだったなら、わたしの詩は、ぜんぶが津波に流されたわけじゃない。
 
 今回のわたしの詩 「津波」 は、海岸で水平線に向かって叫ぶために、書かれたはずのものでした。
 実際、イベントの翌日、青森の海に行ってみたのですが、津波のイメージとは程遠く、暖かく、穏やかで…、帰って来ちゃいました。
 ビデオの伊達泳時などは、海の中から伊藤文恵とわたしを撮ろうと、海水パンツまで持って来ていたんですけれど、ね。
  
 仙台に戻って、仙台の海や、閖上などにも行こうとしたのですが、通行止めばかりで辿り着けませんでした。
 わたしの宿題はまだ終わっていない、というわけです。
 
 ところで、今回の青森で、うれしいことがひとつだけありました。
 その日すべてのイベントが終わって、トイレに入って小便をしていると、となりで同じく小便をしていた若い男性2人が顔を見合せながら話しているのです。
 「あの、金魚の踊りの、伊藤文恵って、よかったよ、ね」 と。
 となりで秋亜綺羅が聞いているのに気づかずに…。
 
 ふたりの男が小便を垂らしながら、「伊藤文恵はいい」 と言ったのです。
 どんなマスコミに取り上げられるよりも、どんな評論家に褒められるよりも、おチンチン片手の2人の男に認められちゃった。
 仙台の伊藤文恵が、世界の伊藤文恵になった瞬間でした。
 
 
 
 

      ツイッター! フォローし合いませんか? →秋亜綺羅   

 
   
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんにちはふうです。
ことばと、表現する肉体しかない空間・・・。
実際にステージに立つとものすごい恐怖でしょうね・・。

先週、秋さんの「百行書きたい」から引用させていただいて
中江俊夫「語彙集」の紹介記事を書いておりました。
遅ればせながらご報告と、
トラックバックのお願いをいたします。

No title

どういうふうに言葉が力を発揮したのか、
どういうふうに舞踏が力を発揮したのか、
想像すると、ドキドキします。
その場にいたかったなあ…。

No title

あなたの文章嬉しく読ませていただきました。仙台に戻られて「わたしの宿題はまだ終わっていない」と言う。終わっても終わらなくてもいいと思う。終わりに向かう関係性の中で何らかの価値と有意味性を自らの手で掴めれば。それがどのような在り方であろうと。世界の伊藤文恵になったこと、実に嬉しく思う。

No title

rittyさん。
舞踏家はいま踊ることで、死の瞬間までが舞踏であることを
感じていると思うんです。
詩人は詩を書くことで、ことばがある以前から詩があったことに
気づくような気がします。

No title

揺さぶられます。
身体の中からなにかをしぼりだしたいような
このままじっと閉じ込めておきたいような。
そんなものがわたしの中にあるかどうかはわかりませんが。。。

No title

otannkoさん。
ありがとうございます。

No title

シープさん。
はい。 当日はわたしの詩はそっちのけで、
観客は伊藤文恵に大絶賛でした。

No title

名犬ぽちさん。
会場は180人定員程度でしたが、天井が高く、
後ろまで聞こえたかどうかなんて、
知ったことじゃありません。
とにかく、肉声で叫びたかっただけでした。

No title

M。bunkoさん。
写真を撮っていただき、ありがとうございました。
伊藤文恵は金魚を演じたわけでもなく、
津波に流された恋人というわけでもありません。
世界からなにもかもなくなり、わたしの詩しか目のまえにはない。
そんな状況で、彼女は世界でひとつだけの舞踏を
踊りつづけるしかなかった、というわけです。
それが、写真家の宮内さんに物語として映ったならば
そんな素晴らしいことはありません。

No title

ことば以上の衝撃。
とてもむずかしいのです。
でもそれが欲しいのです、自分で発したいのです。
実際はやはりむずかしく、そう簡単にはいきませんが。
最近、はじめて詩が好きだと思うようになりました。

No title

ゆうこさん。
わたしの詩の朗読は、観客のために読むことはありません。
「みんなでがんばろう」 とか 「日本はひとつ」 とか、
「元気をあげよう」 とか、太平洋戦時中と同じことばを
繰り返すひとたちが多いですが、再び反省する日が来ますよ。
自分が、さっきまでの自分と本気で戦っている姿に、
たまたま感動する観客もいる、というだけのことです。
わたしの今回の朗読にしても、
成功したというわけではありません。

No title

ふうさん。
トラックバック、ありがとうです。
中江俊夫の 『語彙集』 は衝撃でしたね。
当時まだハイティーンだったころ、
どこだかの新聞に批評を頼まれて、
「なんだ。 これはただの語彙集じゃないか」
という、最高の? 褒めことばをタイトルにして、
書いたのを思い出しました。

No title

SAIKAさん
「想像すると、ドキドキ」 で正解です。
ほんものを見られてしまったら、
SAIKAさんのブログの、あの鋭い批評眼には
耐えられないでしょう。

No title

love_peace_in_the_worldさん。
ありがとうございます。
わたしはさっき帰宅したのですが、
きょうの夜、偶然、世界の伊藤文恵と会いましたよ。
次号の 「季刊ココア共和国」 の打合せで
漫画家のいがらしみきおに会いに、
「いがらしみきおトークショウ」 に行ったのですが、
その会場で会いました。
なんと伊藤文恵は、いがらしみきおのファンだそうです。
わたしはココアの編集・柏木美奈子とその娘・小学5年のくるみちゃんといっしょでした。
4人でモスバーガーで、新しい企画を相談しました。
きょうは映像作家のクマガイコウキ、
美術家の門間桂子とも久しぶりに会えて、
ちょっと得した1日でした。

No title

KOKOさん。
KOKOさんのブログの詩、いくつか、
「季刊ココア共和国」 にもらえますか。
12月1日発売分は編集が終わっちゃったので、
来年になるけれど。…
「はじめて詩が好きだと思うようになりました」
というだけあって、ことばが開かれています、よね。
特に短歌のように短いものがいいですね。

No title

そんなふうにいっていただけるととてもうれしいです。
よろしかったら使ってやってください。

No title

訪問ありがとうございマス(^0^)

No title

KOKOさん。
もすこししたら、「十六夜の月の下」の
「ゲストブック」 にでも連絡します、ね。

No title

今あなたのブログにたどり着きました。
涙で、文字が、みえません。
また、ゆっくり見せてください。有り難うございました。

No title

ゆずあきこさん。
ありがとうございます。
青森での朗読、ご覧になっていらっしゃたのでしょうか?

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅