fc2ブログ

高校2年生の詩人・恋藤葵が朗読しますよ。

秋亜綺羅の長すぎるつぶやき
10 /29 2011
2011年10月29日(土)
 
 こんにちは。 秋亜綺羅です。
 
 あす30日(日)午後2時より、宮城県栗原市立図書館で詩の朗読会があります。 「季刊ココア共和国」 に詩を書いている恋藤葵も朗読します。 近くの方、ぜひお出かけください。 入場料(資料代) 500円だそうです。
 
 恋藤葵が読む予定の詩は、「16歳」。
 
イメージ 1
 
 
    
     16歳                         恋藤 葵
 
   世間のいい子が嫌う言葉しか吐いた事ない
  私は本音を禁じられる訳だけど、そうされると、
  また吐いちゃうよ。
   言いたい事は心の中に押し込め。 自由権ほ
  ど、おかしなものはない。
   虫カゴの中のカブトムシに 「あなたは自由で
  すよ。 虫カゴの中では。」 って言ってあげたら、
  カブトムシは何て言い返すかな。
   もういいから。 許してくれないなら頭の中か
  ら自由だけ削ぎ取ってよ。
   生まれるのが自由じゃなければ、死ぬのも
  自由じゃない。
   子どもは大人の言いなりにならなきゃならな
  い。 大人は社会の言いなりにならなきゃなら
  ない。 背く奴には、さらなる自由を。 空を飛ぶ
  ことが自由だなんて。 そう思う君には蟻が通
  れる隙間ほどの余裕もない。 そうだろ。 自由
  より河童の存在の方がよっぽど信じられる。
   そんなことを考えて生きている私は16歳。
 
 
 「背く奴には、さらなる自由を。」 いいですね。
 
 えっと。 先日の青森でのわたしの朗読と、伊藤文恵の舞踏が、YouTube にUPされたようです。
 ちょっと退屈な感じもしますが、時間のある方はご覧ください。
 
 
 音楽と演出がついたのがお好みの方は、こちらをどうぞ。 騒がしいだけで、よけい嫌われるかもしれないけれど。
 
 
 
      ツイッター! フォローし合いませんか? →秋亜綺羅   

 
    
 
 
 
 
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

素敵ですね。
恋藤葵さん、ココア共和国VO.7「いっぱい食べられた」がとても印象的でした。近くでしたら見に行きたかったです。
どんな朗読会になるのか想像しながら楽しみます。

No title

こんばんは。
ゆっくり鑑賞させて頂きました。(笑)
あの時は、耳から秋亜綺羅君の朗読を聞きながら
目はほとんど伊藤文恵さんばかり追いかけていました、
なので、二人一緒の舞台見たのは、今、初めて見た様な
新鮮さで、また、楽しんじゃいました。
文恵さん、大変だったでしょうね・・・、
秋さんの音楽無しに、付き合わされて・・・(笑)
ステキでした、よ。

恋藤葵さん、・・「いっぱい食べられた」の詩を読みながら
男の子かしら?って思ってたら、可愛い女子高校生。
可愛い朗読の声が、聞こえてくるようです。

写真は、そう撮らないとダメですね。(笑)

No title

「16歳」は「60歳」にしても同じ気持ちです。

No title

多感な年頃の想い。
とっても解る詩ですよね。
素直な想いをこれ程の文章に出来るのは、すごい才能だと思います。
ポチ。

No title

TO-KOさん。
イベントが終わって、いま自宅に戻ったところです。
恋藤葵はすごくかわいく、才能を感じました。
こんどわたしの企画に誘いたいと考えているところです。

No title

M。bunkoさん。
恋藤葵は詩もいいけど、
物語が面白い。
そのうち、「季刊ココア共和国」 に書いてもらいましょう。

No title

まことさん。
この詩に関していえば、確かに60歳のわたしも同感で、
けっして新しい発想じゃないかもしれません。
だけど、高校の国語の授業で詩を書きなさい、といわれたとして
こんな詩を提出するわけにはいかないでしょうね。
詩にはそれを書く勇気が、最初に必要なことです。
日記が詩に変わる瞬間でもあります。

No title

シープさん。
はい。 才能ある若い詩人たちにわたしがいつもいうことは、
ひらめきと、ときめきと。 です。

No title

よよさん。
ありがとうございます。

No title

文字を通さないで、直接、言葉が響く感じがあって、
朗読って、迫力ありますね。

静かに現れて、踊って、そしてどことも知れず去っていく
伊藤文恵さんの、『枠』が無い感じも素敵…。
思いは途切れることなく、ずっと繋がっていくんですね。

No title

貴方の詩にみずみずしさを感じました。しきりに自由を求めていらっしやる。人間は構造的関係性(空)の在り方でしか自由を手に入れることができないのです。人間は実に悲しい存在ですね。

No title

SAIKAさん。
ありがとうございます。
できあがってしまった詩(活字)を発表することじゃなくて、
文字(楽譜)を朗読(演奏)する瞬間、詩(音楽)ができあがる。
そうできたらいいな。 と思っています。

No title

love_peace_in_the_world さん。
お褒めいただいているのは、恋藤葵の詩のことだと思いますが。
ハイティーンの詩人たちは、「解放」 と 「自由」 との境界で、もがくようです。
いくら自分を 「解放」 してみても、さっぱり自由を感じない。
新しいルールをつくることが、自由を生むことだということに、
気づきはじめます。

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅