fc2ブログ

季刊ココア共和国 vol.13 は8月1日発売です!

季刊 「ココア共和国」
07 /26 2013
イメージ 1
イメージ 2




























(売切れになっていてもすぐ入荷いたします)
 
 
 
季刊ココア共和国 vol.13
秋亜綺羅(著), 谷内修三(著), 小林坩堝(著), 高橋玖未子(著), 海東セラ(著), 葉山美玖(著), 金子鉄夫(著), 詩人アリス(著),  柏木美奈子(編集,イラスト)

2013年8月1日発行

価格:¥525

商品の説明
内容紹介
詩人・秋亜綺羅による個人季刊誌第13号。

        ※
日本国の選挙も終り、安定政権に。 安定だけど、ちょっと不安。
 欲しいだけお金を印刷するよん! なんていっちゃって。 桃太郎さんさえ家来にしてしまうほどおいしい、キビだんごが毒でなければいいね。
まあ。 夏だし。 鬼たちの財産盗りほうだいの桃太郎のお話、めでたし、めでたし。 ということにしちゃおうね。
        *
 ココアも、第13号になりましたとさ。 今号のゲストは、7名の詩人です。
 谷内修三とは大昔からの友だち? です。 5月に久留米で、丸山豊記念現代詩賞贈呈式があって、谷内も来てくれ、40年ぶりの再会となりました。 翌日福岡に行って、昼から谷内と飲みました。 舞踏の伊藤文恵と家内もいっしょでした。
 谷内修三の詩のレトリックには、揺るぎない正確さと、リズムがあります。 谷内はほかの詩人の評をするとき 「肉体」 ということばをよく使うのだけれど、わたしはよくまだわからない。 肉体からたまたま迷子になった魂が、遊んでくれりゃそれで詩、くらいにしか、わたしは考えていないから。 ことばの 「肉体」 を信じるためには必然論者になるしかない。 誕生から成長、老化、死へという必然ですね。 わたしは根っからの偶然論者だから 「肉体」 は邪魔ものなわけです。
        *
 小林坩堝はとても若い。 この詩ひとつで評価はできないでしょうが、ことばを扱う天才的なものがあると思いました。 ことばというより活字でないもの、たとえば光や色や音などを 「ことば」 として巻き込んでしまう能力を持っているような気がします。 次号もお願いしています。
        *
 高橋玖未子とは、1110月に青森市で開かれた 「現代詩ゼミナール」 での出会いでした。 高橋は青森県の代表として、わたしは宮城県の代表として朗読させてもらいました。
高橋玖未子は内海康也が主宰する 「飾画」 の同人。 読みごたえある、ハイセンスの詩誌です。 その 「飾画」 にわたしとの青森での出会いとか、わたしの詩集 『透明海岸から鳥の島まで』 を中心に秋亜綺羅論を書いてくれたので、ココアに再掲載をお願いしました。 それは後半のページに。
ココア共和国vol.13の 「編集前記」 では、「触画」 を高橋玖未子主宰と書いておりますが、わたしの誤りでした。 どちらかというと走り書きの感覚を出したい 「編集前記」 ということもあって、注意が欠けていました。 お詫びして訂正いたします。

       *
海東セラは札幌の詩人。 会ったことはありません。 手作り感たっぷりの、個人誌 「ピエ」 がとても素敵です。 海東の作風はといえば、ことばをていねいに紡いで詩の空間を開くかと思えば、かなり実験的な試みも多く、新しいことができるひとだなと思いました。
       *
さてここからは、18(18)のトンネルに入りますぜ。
葉山美玖は童話作家で、官能(ポルノ)小説家で、詩人。 まあ、たぶん不思議なひと。 わたしは 「ココアの若い読者にいい詩を読ませたいので、<官能詩〉 を書いてほしい」 とお願いしたら、「いいですよ」 と。 いいなぁ。 「愛は、ほんとうは穿たれた真空のラムネの瓶なのに。」
       *
さぁ、金子鉄夫の登場です。 エルスール財団新人賞受賞第一作として書かれた 「現代詩手帖」 2月号のうんこの詩。 これを見た瞬間、あ、ココアに書いてもらお。 っと。
40年以上まえ寺山修司が、受験雑誌に応募されたものから 「ハイティーン詩集」 として編んだようなもの。 たとえば18歳のときの秋亜綺羅 「渋谷地下街ブルース」 では、電話ボックスに貼られた誘惑のチラシから始まって、売春少女ユキとの一夜物語。 当時の高校生たちの詩は落書きとの境界を走り回っていて、その若いエネルギーは現代で考えればどこだろうと、思っていたときでした。 あ。 これだ! と。
金子鉄夫の詩の速度感は才能だけじゃなく、無駄がない、暴力としてのことばを連射できる、計算づくのしたたかさがあるような気がします。
       *
詩人アリスには連続で登場してもらいました。 あいかわらずツイッターとFBへの連載は続いています。 こちらがぜんぜん追いつけません。
       *
わたしの詩は、逆R18、かな。 大人には読ませたくないぞ、みたいな。

著者について
谷内修三=詩人、評論家。 1953年生。 福岡市在住。
  詩集に 『The Magic Box』 『最上の愉悦』 など多数。 
ブログ 「詩はどこにあるか」。
現代詩手帖賞、福岡県詩人賞、中新田文学賞。

小林坩堝=詩人。1990年生。 東京都在住。
「幻燈」(北冬書房)、 「アナキズム」 等に寄稿
同人誌 「サクラコいずビューティフルと愉快な仲間たち」 「おもちゃ箱の午後」
「ライデン」 「風の森」 に参加。
9月に詩集 『でらしね』(思潮社) 刊行予定。

高橋玖未子=詩人。 1954年生。 青森県北津軽郡在住。
詩集に 『アイロニー・縫う』(書肆青樹社・2004)、
『夢虫』(土曜美術社・2010) など。
「飾画」 「青い花」 同人。 

海東セラ=詩人。 札幌市在住。
個人誌 「pied(ピエ)」 発行。
「グッフォー」 「阿吽」 などに参加。
散文でも活動。 大阪女性文芸賞

葉山美玖=詩人。 1964年生。 さいたま市在住。
詩集 『蒼い雨』(メディアポート・2003)
小説 『籠の鳥 JAILBIRD』(文芸社・2012)
童話 『あおいねこ』(関東図書・2013)。
詩誌 「午後2時の会」 同人。

金子鉄夫=1983年生。 広島県呉市生まれ。

詩人アリス=東京都在住。
Twitter に詩を連載。

秋亜綺羅=詩人。 1951年生。 仙台市在住。
名まえは、 40年まえ高校生のとき、 寺山修司がつけてくれたもの。
角川文庫の 「書を捨てよ、町へ出よう」 (寺山修司) に、
ハイティーン時代に書いた詩 「百行書きたい」 が載っている。
詩集 『海!ひっくり返れ!おきあがりこぼし!』、
『透明海岸から鳥の島まで』 (思潮社・2012)。
丸山豊記念現代詩賞。 
 
 
≪目次≫

  
 谷内修三 「わたしのリフィ川」 ほか2篇
   小林坩堝 「夕陽と沈む静けさに」

   高橋玖未子 「鉛筆とノート」
 海東セラ 「バザール」
 葉山美玖 「五月に、潜水する」
 詩人アリス 「夜の国のアリス」②
 秋亜綺羅 「羊のきみへのラブレター」

  小詩集
 金子鉄夫 「セックスしようセカイ、まずは、おまえから愛してやる」

  詩論
 高橋玖未子 「ひたすら希求する透明海岸──その演劇的詩空間での思索
          ──秋亜綺羅詩集 『透明海岸から鳥の島まで』 を読んで」

  エッセイ
 秋亜綺羅 「オフオフ東京から仙台インまで①~③」


 
 装丁=柏木美奈子



 

      ツイッター! フォローし合いませんか? →ココア共和国 






関連記事

コメント

非公開コメント

No title

SAIKAさん。
ありがとうございます。おかげさまでやっと13号になりました。
まだまだ試行錯誤はつづくのだろうと思います。

No title

M。bunkoさん。
写真と詩の編集は、柏木が月曜から始める予定です。
藤川みちるの歌のほうは、すこし進みつつあります。
小さな楽器の準備と、衣装はこれからです。
きょうも打合せをしました。
8月11日に録画予定です。

No title

ココア共和国さん、、
良かった良かったです、ありがとうございます。
徐々に徐々に、楽し気な音色がひとつなりつつある気配が、、
伝わって来す~。

写真集でお世話になった柏木さんの編集で、
秋さんの詩と藤川みちるさんの音楽に私の写真も仲間に
入れて頂けて、とっても嬉しくって、、楽しみです!

こんど、4人で、いや奥様にも入って頂いて5人で
写真撮りましょう、ね(笑)

No title

てはぬーさん。
転載ありがとうございます。

No title

M。bunkoさん。
kayoさん、よかったですね。

写真と詩の編集はあす第1弾で試験版をいくつか作る予定です。
藤川みちるとの練習も始まります。

No title

ココア共和国さん、柏木さん、、
ありがとうございます。ご心配をおかけしました、、。
ココア、vol.13届きましたよ~。
うれしいことがありました。
今季号の入っていた封筒に張ってある、ココア共和国の
住所と封印のシール(?)両方ともきれいに剥がせたんよ!
他は、かろうじて上手に剥がせたのはいつ頃のか忘れたけど
ペンギンさんだけ、、(笑)次季号は、、なんだろう~、、、
楽しみにしていますね♪~
今号のゲストの中の高橋玖未子さんの詩(?)青森で詩の朗読を
聞かせていただいた時のことを思い出しながら読みました。
あふれてくる言葉を、すぐその時書き止めておく、、そんなことも
おっしゃっていたのを思い出しながら、、何度も頷くわたしです。
なつかしいです。

No title

失礼します。「季刊ココア」vol13、ご恵贈たまわりありがとうございました。一生懸命に読んでます。
川崎市「波蝕」、荻野央

No title

「季刊ココア」送っていただきありがとうございました。
東北は冷夏だそうですが、静岡は暑い日々が続いています。
そのためかどうか分かりませんが、毎日ぼーっとしております。

No title

こんにちは。
ありがたく読ませていただいております!
まだ全部は読みきれていませんが、谷内修三氏の「わたしのリフィ川」「雨の朝、ことばは」を繰り返し読ませていただきました。
こんな詩が描けたらなと不遜なことを思いつつ。
お盆あたりから暑さが増すようですのでお体ご自愛ください。

No title

M。bunkoさん。
青森行きも、昔になってしまいました、ね。
「写真と詩」 は、いくつか試作していますが、まだです。
そのうち意見をお伺いに、郵送します。
あすは、藤川みちると伊達泳時が来て、歌と衣装と撮影の練習です。

No title

荻野央さん。
ココアはどこへ行くのか、わたしにもわからない。
そんな13号です。
元気なのか、病気なのか、狂気なのか。
行ってみなけりゃわからない感じです。

No title

mcberryさん。
こちらは、夏の感覚がまだやって来ません。
きょうはちょっと暖かいです。
静岡は暑いですか。 40年まえに行った清水は、
冬だったけれど、半袖だった記憶があります。

No title

十六夜KOKOさん。
お元気ですよね。
今回のココア共和国の詩たちは、ちょっとどぎついものが多いけれど、
ハートではなく、心臓を持たされてしまったような、生々しさがあります。
まぁ。 付き合ってみようか。 と、思っています。

No title

遅ればせながら、今日やっとココア共和国を開くことができました。

「あれから何年、経ってしまったんですかぁーヘドロ」がリフレインしちゃって困ってヘドロ

しかもなぜ秋亜綺羅がわざわざ清水のMcBerryへ詩の朗読に来たか
ようやくわかったりして

No title

まことさん。
9月16日、仙台文学館で久しぶりに朗読します。
15分くらいだけれど。
また、わたしの詩を、藤川みちるが歌ってくれます。

No title

M。bunkoさん。
柏木です。このようなところに、初めて参加しています。
ご心配いただき、ありがとうございます。
それからシール、大切にはがしてくださっているなんて……!!
そのシール、前より薄くなっているみたいで(経費削減かしら?)
余計はがしづらいのではないでしょうか。
ありがとうございまーす!

No title

ココア共和国の柏木さん、おはようございます。
ココア共和国は、柏木さんがいなかったら、
とう~に消えてましたよ!
祝!柏木さん初登場。、これからももっともっと、、お顔を見せて
下さいなぁ。今度のシールは、、きれいに剥がれて嬉しいです。
経費削減っていうより、わたしにとっては資質向上かな~(笑)

これで、ココア共和国も安泰、安心!

No title

ココア共和国さん
11日は、録画予定でしたね、うまくいきましたか?

仙台も暑い日が続いている様ですが、、お体ご自愛下さ~い。



仙台も暑そうですね、、お体ご自愛下さい。

No title

M。bunkoさん。
いろいろとご心配ありがとうございます。
とりあえず、藤川みちるの歌をUPしました。
9月16日の朗読会まで、すこしく変えるかもしれません。

No title

こちらで知人をみつけてびっくりしました
しばらくお会いしてませんがお元気なのでしょうね
登録させていただきました

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅