fc2ブログ

わいせつってなんだろう ■ 秋亜綺羅  ※エッセー

エッセー
04 /27 2009

わいせつってなんだろう   ■ 秋亜綺羅

 タレントの草剛が逮捕された。公園で全裸になったからだ。どこかの出版社と組んでヌード写真集を出せば何億という価値がつくはずの肉体が、街の公園ではわいせつ物として取り扱われたのである。
 「裸だったら何が悪い」と草は警察に語ったそうだが。そうだよ、なにも悪くないよ。記者会見でも言ってほしかったくらいだ。
 ファンのひとたちは怒るよね。大事なひとの体をわいせつだと決めつけられ、そのうえ家宅捜索である。いくらファンといっても、裸を見たくたって見れないし、家にだって入れないんだぞ。
 スケジュールいっぱいの草に集う仕事上のひとたちにとっては、何億という損害になったはずだ。一般人が酔って脱いだのなら、醒めるまで警察署に寝せて帰されるのだろうけれども、なにしろ世界的なタレントである。このことを大事件として扱うことで、ギャラを1円も払う必要もなく大儲けすることになった業界もある。それに乗せられてか、政治家までがこっけいなコメントを出したりした。警察も、騒ぐマスコミにびっくりしてか大事件だと勘違いした。こんな事件で家宅捜索なんて、憲法違反だろうと思う。そうやって、お金を奪い合う資本主義ゲームは続いていくのだった。

 で、わいせつとはなんだろう。と考える。裁判になってしまえば、陰部を露出したかとか、ひとの性欲をいたずらに刺激したかとかが問題になるのだろうと思う。けれども法律(判例)の世界では、たとえば浮気といえは、配偶者以外の異性と性器をインサートすることである。心の問題はほとんど無視されてしまう。だがこの種の問題は心がいちばん肝心であることを、だれもが知っている。
 で、わいせつとはなんだろう。と考える。恥ずかしいことをひとに見せることだろうか。それとも、ひとが不快と感じるものを見せつけることだろうか。
 けれども、とまた考える。むき出しの刃物を怖いと思うことはあるが、醜いと感じるわけではない。夜の公園を歩く女性にとって、男の裸は怖いものであって、わいせつなものじゃないんじゃないか。まして男が、女の裸をわいせつと感じることはもっと稀かもしれない。
 それでは、と考える。見た人が恥ずかしいと感じるものを、わいせつというのかもしれないな、と。すると、恥ずかしいものとはなんだろう、ということになる。
 裸が恥ずかしいよ~といって生まれてくる赤ちゃんは世界にいない。おなかがすく、
寒い、痛い、熱い、さみしい、いやだ、うれしい…赤ちゃんはほとんどの感覚をもって誕生するのだけれど、恥ずかしいだけはないのである。
 待てよ、と考える。恥ずかしいという感覚は動物のなかでも、人間にしかないんじゃないだろうか。待てよ、恥ずかしいという感覚はまったく、ひとそれぞれのものではないのだろうか。いや待てよ、恥ずかしいというのは「感覚」ではなく、人間がつくり出した「文化」ではないのか。家庭や社会、宗教などから教育された「美学」なのではないか。
 1970年代の前衛劇には全裸がかならず登場したし、ストリーキングと称して街を全裸で走り抜けた。自分がいちばん恥ずかしいと思うことをすること、親に見せることができるような演劇はするな、とばかり「体制」と闘った。すこしこじつければ、これも大人におしつけられた「美学」への反抗だった。

 さて、わいせつとは、望んでいないものを見せつけられることだ、ともいえるだろうか。だが現代の生活そのものが、実は望んでいないもののかたまりであるといえなくもない。たとえばすぐれたTVコマーシャルとは、見ようとしていないひとを思わず振り向かせる。なんでもない音楽でも、何度も聞かせることで好きにさせる。食べようと思っていないひとにまで唾液を誘う。そんなコピーや映像を競ってつくっている。外に出れば、ビルの壁いっぱいにかけられた新築マンションの看板、歩行者を次々と追い抜いていく自動車の排気音、店頭から切れ目なく流れる騒音のような音楽。現代の街はといったら、わいせつがいっぱいなのだ。

 わたしはいま小学生のころのことを思い出している。50年もまえのことだけれど。ある日、小学校に偉い先生がいらっしゃって講演をされる。静かに聴くように、と講堂に全校生徒が集められたのだった。それがなんという先生で、なんのお話をされたのかはほとんど覚えていない。覚えているのはとてもよぼよぼのおじいさんだったこと。静かにぼそぼそとゆっくり話されるのだが、尊敬に値するひとだなと、自然に感じられたことである。
 その先生の講演が終わって、さあ先生がお帰りになるのでみんなでお見送りをしましょう、ということになった。全生徒1000人弱のこどもたちが全員、正面玄関につながる道路の両側にならんで、先生を拍手で待っていた。先生はあまり身なりも立派とはいえず、歩き方もちょっと冴えない。先生は生徒の拍手のなかをすこしずつ歩いて来た。
 その時、あれ。先生は横道にそれて立ち止まった。すると、みんなが見ているまえで、立ち小便をはじめたのだった。お年寄りのせいか、長い時間おしっこをしていたような気がする。終わると先生はなにごともなかったかのように、また生徒のなかを歩きはじめた。止まっていた拍手も、また鳴りはじめていた。
 わたしはこのとき、この先生ってほんとに偉いひとなんだなぁ。と心から、いや体の奥からぞくぞくっと感じたのだった。
 この出来事のどこかに、わいせつといえるものがあっただろうか。

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

猥褻って、礼節を欠くことだと思います。

酔って裸になっていた人は、ただの酔っ払いであって、アイドルには見えないかも知れませんが、アイドルの素顔です。少年は、美女はウンコをしないと思っていますが、本当はすることを知っています。アイドルも、家ではこんなもんだってことは、多くのファンが察しています。それを見せてしまうのが猥褻ではないでしょうか。

No title

takedamitsuruさん。
わたしもそのとおりだと思うのです。
が、家と外を分けて考えることが、そんなに礼節なのでしょうか。
裸になるなら家でなれ、という意見が多いのは理解していますが…。
わたしは1年に1度だけ高校生たちに講義する機会があって、いま考えていることを表現して!と一人ひとりに発言させて討論するのです。そこでかならず出てくるのが「人を殺すのはなぜ悪いのか」です。
人殺しや泥棒や麻薬などやっちゃいけない、当たり前だろ。ダメ!絶対。とばかり、おとなたちは理由もいわず、教育?する。
だけどこどもたちは、理由を考えている。おとなたちは、理由を忘れている。

No title

はじめまして。履歴を踏み返したら楽しみながらも考えを
深めることができる素敵なブログに出会うことができました。
ファン登録させて下さい。
若さゆえ思いきりワイセツなブログをやってますがよろしければ
またご訪問していただけたらさいわいです。

No title

fumima2300 さん。
ここ2か月近く、Yahoo!ブログをけっこうたくさん見てきましたが、fumima2300さんの「デヴィ夫人、サイコー!」の記事がサイコーに面白いと思いました。ブログで言えるのはこんなもんだろ、みたいな。ちょっとヤバくて、かっこいい。そのあとも何度か行ってみたのですが、更新はとくにされてなかったみたいで…。お友だちのキョウコたんさんもタダモノじゃないです、ね。

No title

草事件は何だったのでしょう。
普通ならトラ箱に収容され、翌日始末書を書く程度のものと思うけど、有名タレントだから、ヤクでもやってんじゃないのか、ってことで、いろいろシナリオが書かれたのでは???
と、思えるフシがあります。
ま、おかげで、この事件からいろいろ連想したおかげで、ちょっと得した気分になったことがあります。

No title

初めまして、魔王です!
訪問ありがとうございました。
私も世間は草さんの事を騒ぎすぎだと思います。
政治家だって・・・。そんなことにコメントするぐらいだったら
政治しろ!って話ですよ。

No title

おはいよー(ぽんぽんぽんぽん♪)ございます。
すごい。
ぼくは自分ではけっこう、考え事をするほうかなーとは思っていましたが、大統領閣下には脱帽します。
しかもここまで精緻にそして、やさしく。

彼が裸で何が悪いかと言ったとすれば、それはもお、何も悪くないように思います。
価値観や好みにまで国がとやかく言うのは、水や空気に税金をかけられたような気にもなります。

日本という国は僕自身、法治国家だとは思えなくて、なんとなく空気を読む国だと考えています。
だから、日本の法律も一言、空気を読め。で足りるのではないか、と思うぐらいです。

AKYという若者言葉があります。あえて空気を読まない、だそうです。これらの言葉も死語となりつつありますが・・

No title

スゴイ盛り上がってますねー。
草薙君逮捕の一連のニュースに関しては、「みんな大人気ないなー」というのが私の感想でした。確かに酔って騒いだ草薙君も大人げないけど、それを「最低の人間」よばわりする政治家、尻馬に乗って大騒ぎするマスコミ、権威を振りかざして家宅捜索する警察、もっと大人げないです。集団ヒステリーみたい。これは今に始まったことじゃなくて、白州次郎さん正子さんご夫妻や、司馬遼太郎さんの書かれた物を読むと、戦前からそうだったんじゃないかと思うんですが。

>この出来事のどこかに、わいせつといえるものがあっただろうか。

まったくです。('この'って文章全体にかかってるって理解して良いんでしょうか?)
近隣に住んでる方にとっては、深夜酔って騒がれたら確かに迷惑ですが、それにしても「迷惑防止条例違反」程度で良かったんではないか、と。

私が深夜、へべれけで全裸でゴキゲンな草薙くんに遭遇したら?って想像してみました。
とりあえずそーーっとお持ち帰りして介抱して翌朝もとの場所に戻しといてあげたいです。大変そうだけど(笑)。

No title

偉い人なんだなぁと感じることができるというのもまた
すごいことなんだなぁと思います。
だって「ええ?!おしっこしちゃうの?!」と想った人だって
いたはずだし、「失礼な!」と怒ってた人だっていたかも
しれないもの。
でも、そのおじいさんのそのまんまの、自然な有り様が、
秋亜綺羅さんの心にひびいたんでしょうねぇ。
私はそういう人に出会ったときに、秋亜綺羅さんのように
自然に感じられるだろうか、
私も自然に感じられる人だったらいいなぁと思います。

No title

tomcatさん。
タレントだったらヤクやってるだろうとか、政治家だったら献金だけじゃないだろうとか、捕まえてから調べりゃいいさ…警察や検察はちょっとシロートのおじさんっぽくなってきました。どうも重心が前足にあるんですよね。
プロならば、後ろ足に重心をおくべきです。どんなスポーツ選手も、重心は後ろ足。ボクサーは重心が後ろ足だけど、チンピラの殴り合いは前足。100m走だってもちろん後ろ足です。すこしでも早く走ろうと前足に重心を移しちゃうと、走れません。
世界のあらゆる舞踊だって後ろ足に重心をおきます。世界の踊りのほとんどは、好きなあんたのためにいつでも闘うよ、といった意味があるそうです。だから、後ろ足! 今回の警察や検察のように、ただ浮かれちゃいられない。

No title

魔王さん。よろしくです。
「もっさりと地球を征服する」魔王さんのブログ、いいですね。
さて、ある政治家さんが草なぎさんを「最低な人間」といったそうですが。失敗した若者がいたとして、世間がどんなに非難したとしても、その両親だけはその若者を心配してほしいと思います。なにかあったのか。体はだいじょうぶか、と。
いまの政治家さんたちは、日本の若者を、自分のこどものように愛する能力がないんでしょうね。だからちょっと古い話だけれど、外国で危険な目にあわされた日本の若者に、自己責任だといって、悪人にしてしまったり…。

No title

名犬ぽちさん。こんばんは。
「価値観や好みにまで国がとやかく言うのは、水や空気に税金をかけられたような気にもなります」いただき!
だけど、水(水道)にも土(土地)にも税金かかってるんじゃ?
空気はどうかな? 空気といえば、豚だか鳥だかサーズだか。世界中すべての人がマスクをするのが当たり前になりますね、近い将来。
すると、ある男が外でマスクをとると、近くの女性が「キャー」と言って逃げ出します。パトカーがやってきて、逮捕です。公然わいせつ罪です、ね。
「マスクをはずしたいなら家でやれ。口と鼻はわいせつだ」とみんな言います。そこでわたしはトイレに入って、そっとマスクをとります。ああ、マスクがないってなんていいんだろ、ほっとします。
このマスク、すこしセクシーすぎない? とか女性たちは話しています。18禁のマスクも発売されました。とさ。

No title

いそみみさん。
戦前からそうだったというより、いま戦前に近づいている、と感じませんか。もちろんわたしは戦前も戦争も知らないのだけれど、わたしの若いころはもっと自由でした。といまになると思うのです。
こうして警察や検察や政治家をブログなんかでバカにしているあいだに、戦前はじわりじわりと近づいて来ている気がするのです。

No title

penchan22さん。ありがとうございます。
いや、わたしだけが感じたのでなく、ほとんどのこどもたちが同じだったと思います、あのときは。
わたしも、街で酔っ払いが歌を歌いながら立ち小便していれば不快を感じます。
なんだったのでしょう。先生が巧みな演出家だったとも思えません。話したり、歌ったり、泣いたり、笑ったりが人間だとしたら、それができるのは呼吸をしたり、食べたり、おしっこしたり、うんちしたりをしているからだよ。というようなことを、先生の全身から学んだのだと思います。

No title

僕も、penchan22 さんと同じで、偉い人なんだなぁと
感じた所がすごいと思います。
僕だったらやっぱり「ええ?!」って思う方だから。

草薙君の件は、裸になっただけなら別に迷惑とは思いません。笑っちゃうだけで済むと思います。
が、残念な所は大声で騒いだって事ですか。
団地内なので声が反響して五月蝿かったらしいです。

No title

北風さん。おはやうございます。
むかしの先生の話ですが、あれはむかしだったから、というのが答えかも。いまだったらそういうわけにもいかないのでしょう。PTAからお叱りを受けて、校長先生が謝るはめに…。
うるさい草なぎさんに関してはその通りだと思います。騒いでいるのが全裸になった有名タレントだとなれば、あっという間の人だかりで騒ぎは大きくなるばかり。警察の仕事といったら一刻もはやく、迷惑なタレントをその場から連れ出すことだったと思います。警察や周りの人たちがどの時点で草なぎさんだとわかったかは知りませんけれど…。

No title

つよぽんは正常だったんだ・・が私の感想でした。人間いいひとを演じてるのって辛いですよね?
立小便・・・我慢して小学生たちの前でおもらししちゃうよりいいですよね?裸になったくらいで捕まって家宅捜索までされるなら言葉の
わいせつ物もたくさんあるのにぃ って思います。
ここでそれを一緒にするな!っていう方もいると思いますが
なぜかつよぽんの気持ちがよくわかる今日この頃です。

No title

>わいせつとは、望んでいないものを見せつけられることだ、ともいえるだろうか
確かに 卑猥なものを見せ付けられると非常に困惑させれれますよね。大昔、女学生でバス通学していた時
満員で座席に座っていた私の真ん前にたったおじさんが
ズボンのチャックを外して
私の目の前に出して見せられた経験がありますが
その時は事態が飲み込めず
ただひたすらうつむくよりほかなく
周囲の大人たちが どういう反応をしていたかも記憶にないです。
誰も何も言わず 降りるべき停留所で降りた記憶しかなく
男の顔色も覚えていないですが
あとから あれは痴漢で公然わいせつ、チン列罪に相当するものだったなと思います。

No title

チコさん。ありがとうございます。
24時間有名人でいることのつらさ、なんでしょうかね。
うん、そうですよね。あの事故で草なぎさんは、正常であることが確かめられた。有名人が正常であってはならぬ、と思っている人たちがあの事故を、事件にしてしまった。
わたしが書く詩なんか、暴力とわいせつだらけなのに、誰も捕まえてくれない。無名だからでしょうね。

No title

水鳥さん。
女学生は大昔?でしたか。
満員バスのその男は、客が男だけだったらしなかったんでしょうね。目の前に可愛い女学生がいたのが、問題でした。わいせつには性的な意図がある。草なぎさんの場合も、わたしの老先生の話も、性的な意図が確認できないのです。

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅