fc2ブログ

マミさんへ                             ■ 秋亜綺羅

詩ってなんだろう
07 /19 2009

 こんにちは。亡命中の秋亜綺羅です。
 Yahoo!ブログでの友だちであり、大好きな詩人であるマミさんが「宇宙の旅人」というブログで、「詩」についてつぎのように書いています。
 
 
「詩とは何か」

詩を読者の共感を得られるような段階に進むことが
今後の私の詩に関する課題であると…
それが「普遍性」であると
そういう指摘を受けて…

今のままだと、私の一方的な表現で
読者は、ふっと引いてしまう
そこが、アマチュアとプロの違いなんだと…

私は素直に聞いていたけれど
実は全然納得などしていない

私は読者に媚びる気などないし
「普遍性」などいらない
読者が私の書くものを読んで引くなら引けばいい
共感など必要ないのだ

私は破壊者なのだ
これまでの常識や社会通念や価値感や
そんなもので判断されたくない

詩とは…
私の意見ではあるけど
純粋に個人的なものなのだ
主義主張などない
そんなものは反吐がでる

それは
ただ
新しく
生まれたもの

それだけなのだ


マミ
http://blogs.yahoo.co.jp/hibikimami


というものです。勝手に全文引用させてもらいました。マミさん、ごめんなさい。
 はじめ「コメント」欄に意見を書こうと思ったのだけれど、字数に限度があるみたいなので、わたしのこのブログで書かせてもらいます。



マミさんへ                  秋亜綺羅

 まず、マミさんがすこしばかり「詩」を悩んだ、ということ。悩みなんてまるでないような、軽いリズムで、飛び跳ねるような詩を書いているマミさんが悩んだ! ちょっとかわいい、ね。

 前衛とか、アンダーグラウンドとか語られなくなったいま、わたしよりずっと若いマミさんが、こんな意見にたどり着いたことに感激します。
 わたしが若かった(?)70年ごろ、「1万人のひとに読まれる詩と、たった1人のひとに感動される詩とではどちらを書くべきか」なんて議論がありました。だけどその時、「読者は1人もいりません」というのがわたしの意見でした。
 詩でも小説でも、読者のために書いているわけではありません。演劇だろうと音楽だろうと、観客のためにやっているのではありません。
 自分が、さっきまでと違う自分をつくる。そのために今あるものを壊して、さっきまでの自分と闘う。そのすさまじさに、他人が感動することがある、というだけのことです。

 それと、国語の教育を受けているために勘違いしちゃうのだけれど、「ことば」は伝達の道具ではありません。自分が考えるために「ことば」はある、と思いませんか?
 生まれて気がつくとたった1人で無人島にいたとします。1人ですから伝達する相手はいないけれど、「ことば」を発明していくことになるでしょう。「ことば」がないと自分の考えが整理しにくいからです。
 ところが、考えるための「ことば」が、実は他人への伝達にとても便利だ、と気づくのです。恋人どうしが手を握って見つめあうだけのテレパシーよりも、右だ左だ明日だ昨日だと細かい指示ができる「ことば」のほうが便利だと思い込むのです。そうやって、人類はたくさんの本能や、テレパシーを失くしてしまった、というのがわたしの考えです。
 わたしにとっての詩は、人類から本能やテレパシーを奪った「ことば」を逮捕することです。「詩」とは言葉の寺と書きます。「ことば」を葬る場所を「詩」というのかもしれません。

 「観客からお金をもらうのだから、観客を喜ばせるために演劇をやる」…これって商売の世界ですよ、ね。商売がけっして悪いわけじゃない。私たちがふだん生活でしていることがこれです。≪仕事≫をしてお客さんに喜んでもらう。喜んでもらうとうれしい。しかも喜びの代償としてお金をもらい、生活が成立する。…これがわたしたちの日常です、よね。
 だけれど待って!、と考える。わたしはよりよい日常のために詩を書いたり、演劇をしたりするわけじゃないよ、と。詩を書く時ぐらい、純粋に自分自身のための時間にさせてよ。商売は日常の生活でがんばるからさ、というわけです。

 では、アマチュアとプロの違い、ってなんだろう。と考えます。読者からお金をもらって生活するのがプロでしょうか。それではプロといっても商売の世界です。小説家のなかにも、演劇人のなかにもそういう商売のプロが存在することは認めます。それはそれで、国民へのサービス業をしているわけですから、大事な≪仕事≫だとは思います。

 では、プロってなんだろう。たとえば絵画は絵の具≪で≫絵≪を≫描きます。楽器≪で≫音楽≪を≫演奏します。ことば≪で≫詩≪を≫書きます。だけどプロの詩人というのは、ことば≪で≫で詩≪を≫ではなく、詩≪で≫自分の観念を書くひとだと、わたしは考えています。≪を≫を≪で≫に変えることができるひとがプロだ、と思うわけです。

 普遍≪性≫とか観念≪的≫とか、≪性≫とか≪的≫はいりません。

 マミさんは「破壊者なのだ」というけれど、まだまだ足りないと思う。ついさっきまでの自分さえも破壊しなければ! 詩の1行前を破壊してから、次の行に進まなければ! そして自分より大きいものを壊しつづけなければ、新しく生まれるものも小さくなってしまう。

 読者に共感などされない詩をわたしはめざします。世界で1番の数学者の数式は、2番めの数学者には理解できないでしょう。世界で1番の詩人はだれにも理解されず孤独でしょう。そして詩を書くのは、人間が「孤独」を追求する行為なのだ、とさえ思うのです。

 わたしは今回のマミさんの意見に100%同意します。

 だけど、あまり理論的にならず、マミさんにしかないリズムとスピードを爆発させてください。マミさんにしかない≪ひらめき≫と≪ときめき≫で、≪ことば≫という名の≪普遍性≫が破壊されるに至ると。年寄りの詩人は夢見ています。 

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ありがとう・・・

何だかね、涙がでちゃって
何も言えない・・・かな・・・^^

また、「私の詩」を書いていきます

マミ

No title

お久しぶりです。いい記事を読ませていただきました。
詩ってなに、というのはそれこそ人それぞれでしょうが、私の詩はこうだというものは持っていたいと思います。

No title

ぽちさん。ありがとです。
マミさんにすこし偉そうに書いちゃったかもしれないけれど、
わたしがいま、詩≪で≫闘っていること、そのものなんです。
わたしも、まわりの詩人たちに理解されないほうだけれど、若いマミさんがわたしと同じように考えて、悩んでいるのが、うれしかった。
ぽちさんもお元気そうですね。また、遊びに行きます。

No title

初めまして!履歴からうかがいました☆

このマミさんへ宛てた記事を読んで私もちょっとほっとしました。
私も詩を書きますが、実は悩んでいたんです。
美しい言葉で皆に共感してもらえるような詩が書けなくて・・・
人の真似はしたくないし、私は私の言葉で書けばいいや。。って思ってはいるのですが、
うまく伝わらない事が多くて・・・

でもそんな事気にしなくていいんですね☆
今まで通りに楽しんで詩を書いて行きたいと思います。
良いお話聞きました。ありがとうございます(*^_^*)

No title

この問題ね。実はぼくの歌でも直面した問題ではあります。
たとえば、ぼくは「犬の日」というオリジナル曲を歌っていますが、あまり、一般の人が好きそうな恋だの愛だのというのとは少し違う。
こじきが橋の下で飼っている犬を捕まえて処分するというような詩です。
ところが最近の舞台は、高齢者や子供の前でやる場合がほとんどとなりました。
バンドのメンバーも、オリジナルではなく、みんなが知ってる曲をやるべきだと。
ぼくは芸人の魂を持っていますので、聞いていただく以上は、楽しんでいただきたいというのも、もちろん、あるんですね。
作品はその人の心の中でしか完成しないもの、とすれば、聞き手の状態に合わせた歌をやるべきだ、という・・
観客の喜びを無視するのなら、人に聞かせずお前一人で歌っておけ、という・・
うーん。まあ、そういわれたら難しいです。
一人でも理解してくれる人がいるのならその人のために歌いたいですが、現状ではその一人がいない!

No title

ゆきさん。
詩ってやっぱり、出来事と自分との葛藤(?)なんだと思います。その葛藤に、たまたま心惹かれるひともいる、というだけです。ところが書いた本人は、さっきまでの詩では満足しなくなってくるわけです。あたらしい手法(?)を考えて、新しい詩をつくる。…これを繰り返していると、だれにも理解されない難しいものになってしまっていることがある。…でも、それでいいんだと思うんです。
ゆきさんの詩とは先日出会いましたが、超一流ですね。ここまで読者を感動させることを知ってしまうと、ここから脱出するのもたいへんです。でも、ゆきさんの一瞬のひらめきと、それをていねいに紡いでいく感覚は、わたしも見習いたいと思います。よろしくです。

No title

ぽちさん。
音楽のプロはどうして生まれたんだろう、と考えた時、わたしはこんな風景を想像するんです。
休日、体育館か広場みたいなところで、いろんなたくさんのひとが、自分のギターを持ってきて演奏を楽しんでいます。さまざまな音が入り乱れています。だけどしばらくすると、音がすこしずつ集約されて来るのでした。ついに、ひとりのひとが演奏するギターだけが、鳴り響くのでした…。
そのひとのギターの音の感動が、ほかの全員が、自分のギターを弾くことを忘れさせてしまったのです。
この瞬間がプロの誕生だと思うのです。
初CDの発売日がプロの誕生だと思っている時代は、どこか不幸だと思います。

No title

優しいコメントをありがとうございます。
やっぱり褒められるとうれしいですね(*^_^*)
これからは人の詩と比べて自分の詩を見失う事のないようにしていきたいと思います。

また伺いたいので、お気に入り登録させてください。
勝手にすみません^^;
これからよろしくお願いしますm(_ _)m

No title

こんにちは。
時々、Jのブログに訪れてくれているような…
昔は、Jも芝居をしておりました。
でも、止めちゃった、、、
すると、今度は…
始め方を忘れちゃいました。
ココ↓
自分が、さっきまでと違う自分をつくる。そのために今あるものを壊して、さっきまでの自分と闘う。そのすさまじさに、他人が感動することがある
にハッとして、コメントさせていただきました。
ありがとうございます。

No title

こんばんは。
Jさんの詩、ときどき読ませてもらっています。
「好きと嫌い」が、好きかな。また、行きますね。

No title

私は、テレパシーについてはよく分かりませんが

たまに、文章の一文や

言葉の一言

一目見たときに

「あっ」と何かを感じて、その後になって、次々にいろいろな事が分かってくる事があります。

うまく表現できないですが、だんだんそんなやりとりが、可能になる時代が来るように感じます。

No title

こんにちは。
わたしたちって、ことばで考えてますよね。たぶん、日本語で。
ひとりで考えるときも、頭のなかで、ことばを使って。
だけどことばなんて、あとで発明されたものですから、
ことばなんてなくたって、人間は人間です。
人間だったら考えることができるはずです。ことばなんか使わなくても。
それは感覚と呼ばれるものに近いかもしれない。
それは、他の人にも伝えることができるかもしれない。
それは、テレパシーというものかもしれないし、詩(ポエジー)といわれるものかもしれません。

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅