fc2ブログ

「詩と思想」1・2月号に詩を載せていただきました。

秋亜綺羅の近況
01 /19 2023
 おはようございます。秋亜綺羅です。
 「詩と思想」(土曜美術社出版販売) 1・2月合併号特集「二〇二二年度・回顧と展望」で、「ベストコレクション2022」のひとつとして、秋亜綺羅の詩「捨てる勇気」を取りあげてもらっています。
 最初と最後だけ紹介します。


   オバマ米国大統領は広島で「核兵器のない世界を
  追求する勇気を!」と、演説した。不良の中学生に
  したって、ポケットのナイフを棄てるのには勇気が
  いる。
   だけど力説するオバマ大統領の後ろには、核ミサ
  イルの発射ボタンが入った黒いスーツケースを持つ
  秘書官が立っていた。


   憲法9条を守るということは、殺すか死ぬかしか
  選択肢がないときに、死を選ぶという意味である。
  自分を棄てる勇気と、家族や恋人を、ことばと素手
  で守る覚悟。スリリングで、スケールが巨大な長い
  戦いになるだろう。歴史上のすべての戦争よりも。


 以上です。この詩について、川中子義勝が「望みえずして望み」というタイトルで論及してくれています。
 ほかに「アンケート・今年の収獲」があり、「詩誌」として「ココア共和国」を複数の詩人から上げていただいています。

230119秋亜綺羅のブログ01
関連記事

コメント

非公開コメント

秋亜綺羅

(1977.06.19)左から寺山修司、清水昶、八木忠栄、秋亜綺羅